記事詳細

爆笑問題の田中さんが入院、くも膜下出血で 昨年はコロナに感染

更新
産経新聞

爆笑問題の田中裕二さん(撮影・蔵賢斗) 1/1枚  お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二さん(56)が20日、東京都内の病院でくも膜下出血、脳梗塞と診断され、入院したと所属事務所が明らかにした。大事には至らず約1週間の入院と1カ月程度の休養を取るという。

<< 下に続く >>

 田中さんは20日午前2時ごろ自宅で頭痛を訴えて、救急車で病院に搬送された。「前大脳動脈解離による、くも膜下出血、脳梗塞」と診断されたが手術の必要はないという。

 事務所のホームページによると、「さらなる検査の結果、今のところ手術などの必要性もなく田中裕二本人も変わりありません」としている。ただ、「動脈解離が前大脳である」ことから、1カ月程度休養するという。

 田中さんは昨年8月、新型コロナウイルスに感染して入院し、同9月に退院した。この際は、妻でタレントの山口もえさんも新型コロナ感染が確認されていた。

 また、田中さんは平成12年、睾丸肥大で左側の睾丸摘出手術を受けている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×