記事詳細

竹野内豊が『さまよう刃』で異例の挑戦!09年「映画版」で刑事、ドラマでは犯人役

更新
サンケイスポーツ

娘を愛するがゆえの狂気とむなしさをはらんだ鬼気迫る演技で魅了する竹野内(左)と心を動かされる演技に注目の石田 1/1枚  俳優、竹野内豊(50)が5月スタートのWOWOW「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」(土曜後10・0)に主演することが19日、分かった。同作では娘を殺されて復讐に走る父親を熱演するが、2009年の映画版には父親を追う刑事役で出演。今回は同じ原作の映像作品で立場の違う役どころという異例の挑戦に注目が集まる。さらに女優、石田ゆり子(51)と15年ぶりの共演も発表された。

<< 下に続く >>

 刑事として追う立場から復讐を企てる逃亡犯として追われる側へ-。今月2日に50歳の誕生日を迎えた竹野内が、遺族の復讐と少年犯罪がテーマの重厚な話題作に挑む。

 WOWOWドラマ初挑戦となる「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」は、人気作家、東野圭吾氏(62)の「さまよう刃」が原作。男手ひとつで育ててきた娘を未成年の男に惨殺された長峰(竹野内)は復讐を決意。良心と罪の意識、法律の間で苦悩しながらも2人の犯人のうち1人を殺害。その後、逃亡しながら主犯の男を追う。

 竹野内は2009年公開でモントリオール世界映画祭に出品された映画「さまよう刃」(益子昌一監督)に出演。長峰役は主演の寺尾聰(73)で、竹野内は長峰を追う織部刑事役だった。

 今回は同じ原作の作品で立場が全く違う役どころという異例の挑戦。竹野内はオファーを受けた際、「誰かの親になったこともない自分に、娘を失う父親役がどこまで務まるのか、正直、戸惑いました」と告白した。

 撮影は昨夏に行われ、「(コロナ禍などで)なかなか思うように進まない条件で、試行錯誤しながら丁寧に作り上げた作品です」と手応え十分。2018年のTBS系「義母と娘のブルース」では妻と娘を温かく見守る父親役を好演したが、今回は一転、切なさと狂気をうちに秘めた父親役で新境地を開拓する。

 一方、物語の鍵を握り、長峰が身を隠すペンションで働く和佳子役は石田ゆり子。竹野内とは2006年のテレビ朝日系「家族~妻の不在・夫の存在~」以来の共演で、石田は「考えてみれば15年ぶりだそうで、時の流れの早さにびっくりです」としみじみ。

 今回は家族を思う長峰の姿に心を揺さぶられる役どころで、「倒れそうなほどの暑さの中で、走ったり泣いたり叫んだり、芝居をしているというより役を生きるということを考えさせられました」と力説する。実力派同士のタッグに注目だ。

★原作の東野氏期待「多くの人が共感」

 今作を手掛けるのは片山慎三監督(39)。昨年の第92回アカデミー賞で作品賞に輝いた「パラサイト 半地下の家族」でメガホンを執ったポン・ジュノ監督(51)の助監督を務めた経験もあり、鮮烈な心理描写や独特の映像美にも注目だ。一方、原作の東野氏は「非常に難しい問題をテーマにした物語です。ただ主人公の気持ちには、多くの人が共感できるのではないでしょうか。映画版では若き刑事役だった竹野内さんが今回どのように演じてくださるか、とても楽しみです」とコメントした。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×