記事詳細

TBS、“ゴゴスマ効果”で「Nスタ」も視聴率アップ

更新
サンケイスポーツ

 フリーアナウンサー、石井亮次(43)が司会を務めるTBS系情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜後1・55)の18日放送分の世帯平均視聴率が関東地区で6・7%を記録し、同時間帯で1位となったことが19日、ビデオリサーチの調べで分かった。

<< 下に続く >>

 同時間帯首位は今月に入って4度目で、先週金曜日の15日に続いて“2日連続”で首位をキープ。この日は全国的に新型コロナウイルスの自宅療養者が急増していることから、自宅療養中の過ごし方や気を付けるべき点などを医療ジャーナリスト・森田豊医師の解説で紹介。また、午後3時の東京都の新規感染者発表を速報し、各都道府県の感染者の最新状況を分析するなどコロナ関連の情報を、石井アナが分かりやすく伝えた。

 「ゴゴスマ」は名古屋・CBCテレビ制作で、2013年に東海地区でスタート。15年4月から関東地区でも放送が始まり、今年最初の放送となった4日は関東地区で過去最高となる8・3%を記録していた。

 また、同番組の好調を受けて、夕方の「Nスタ」(月~金曜後3・49)の視聴率もアップしている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×