記事詳細

NHK朝ドラ「おちょやん」に元宝塚・星蘭ひとみ登場!その美貌にネット「美が異次元」「主役より目立ってました」

更新

現在放送中のNHK連続テレビ小説「おちょやん」 (C)NHK 1/1枚  NHK連続テレビ小説「おちょやん」の第32話が19日、放送され、昨年11月末に宝塚歌劇団を退団した女優の星蘭ひとみがサプライズ出演。突然の出番にネットが騒然となり、ヤフーのトレンドランキングで「星蘭ひとみ」が上位に入るなど、その演技に注目が集まった。

<< 下に続く >>

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ女性の姿をフィクションとして描く同作。主人公の竹井千代役を女優・杉咲花が演じる。

 星蘭が演じたのは、千代がエキストラで参加した映画に出演する女優。親の決めた相手と結婚した伯爵令嬢という役で、白いドレスに日傘、白い手袋をしてハンドバックを抱えるという姿だった。千代演じるカップルが通りかかる姿を見て、忘れかけていた恋心を思い出すというシーンの撮影に臨んだが、千代のドタバタ演技に「だめ~、私、この子見ても、恋心思い出せないわ」と吹き出してしまった。

 放送後、番組の公式ツイッターが出演シーンの写真を添えて「『私、この子みても恋心、思い出せないわ…』 た、確かに…『伯爵の娘・梅子』を演じているのは、星蘭ひとみさん。朝ドラ初出演です。おきれいな方やわ…」とツイート。これが話題となり、ネット上で一気に情報が拡散した。

 ツイッターには星蘭の美貌に驚く声が多く、「ものすごく綺麗な人出て来てびっくりした」「我が家の茶の間でも思わず『きれいなお人!』と声に出ました」「美が異次元!ほんとお美しい…」「主役より目立ってましたしオーラを感じましたよ さすが」などのリプライが寄せられた。また一言ながらも、そのセリフ回しを絶賛するネットユーザーもおり、「『思い出せないわぁ』の『わぁ』が少し語尾があがって、とっても京都の女優さんらしくて、素敵でした」というコメントも見られた。

 星蘭といえば、昨年放送され、急逝した俳優、三浦春馬さん(享年30)の遺作となった連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系)に出演。三浦さん演じる中堅おもちゃメーカーの御曹司の元彼女役を演じた。当時の星蘭は現役のタカラジェンヌで、歌劇団の現役生が連ドラにレギュラー出演するのは26年ぶりとあって、当時、大きな話題となった。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×