記事詳細

朝ドラ「おちょやん」20日・第33話あらすじ 助監督の小暮に恋人のフリを頼む千代

更新

竹井千代役を演じる杉咲花 (C)NHK 1/1枚  喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ竹井千代(杉咲花)の姿をフィクションとして描くNHK連続テレビ小説「おちょやん」(NHK総合など)の第33話が20日、放送される。

<< 下に続く >>

 現在、第7週「好きになれてよかった」(31~35話)が放送されている同作。女優を目指し、京都の鶴亀撮影所に入った千代だったが、映画の現場を知らない千代は本番で失敗の連続。第32話(19日)では、ついに予定されていた出番が取り消しになってしまう。落ち込む千代だったが、唯一の救いは、親切な助監督、小暮真治(若葉竜也)と、撮影所で再会した看板女優、高城百合子(井川遥)の存在だった。

 カフェー「キネマ」で一緒に働く仲間からの励ましもあり、前を向く千代。しかし、大部屋女優たちから悪いうわさを流されてしまい、撮影現場から干されてしまう。それでもめげない千代は、撮影所に新しい居場所を見つける。女優たちの髪を結う美髪部で髪結いの見習いを始めたのだ。

 ある日、千代をイジメる大部屋女優の1人、遠山弥生(木月あかり)が血相変えて美髪部にやってきた。百合子がいる撮影に間に合わないため、先に髪を結ってほしいという。しかし、彼女のほかにも順番待ちをしている女優がたくさんおり、誰も弥生を相手にしなかった。そんな弥生を救ったのが千代だった。千代は覚えたての技術できれいに髪を結い、弥生を無事に現場へと送り込んだ。

 大部屋女優の中心的な存在である弥生のピンチを救ったことで、千代は、撮影現場への復帰を果たす。弥生が自分の出番を千代に譲ってくれたのだ。だが、そこで演じた千代の芝居のひどさに監督が激怒。恋愛経験のない千代は、恋人同士という役が表現できず、女優を続けるなら、今すぐ恋をしろと忠告を受ける始末だった。

 第33話で、千代はキネマの同僚、宇野真理(吉川愛)の助言もあり、芝居を学ぶため、小暮に恋人のフリを頼むことを思いつく。

 勇気を出して自身の思いを伝えると、小暮はこれを快諾。デートをする話にも発展した。だが、そんな2人の会話の一部始終をなぜか喜劇俳優、初代天海天海(茂山宗彦)の息子、天海一平(成田凌)が見ていた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×