記事詳細

オリラジ中田、約5時間「エヴァ」語る! 解説動画が好評「一人でエヴァをほぼ完全再現してる…」「理解できた」「延期はつらいけどまた待てそう」

更新

中田敦彦 1/1枚  お笑いコンビ、オリエンタルラジオの中田敦彦が自身のYouTubeチャンネルにアップした人気アニメシリーズ「エヴァンゲリオン」を語る動画が話題になっている。大のエヴァファンとして知られる中田は、動画で作品の魅力やストーリーを前後編に分けておよそ5時間にわたって解説。終始、熱く語る中田の姿や解説がわかりやすいと好評だ。

<< 下に続く >>

 同シリーズは「新世紀エヴァンゲリオン」として1995年にテレビアニメがスタート。2007年から「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズが始まり、これまでに「序」(07年)、「破」(09年)、「Q」(12年)が公開され、最新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開を控えている。「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は今月23日に封切りを予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大と緊急事態宣言の再発令を受けて公開が延期に。多くのファンが肩を落とすなかで、中田の解説動画はこれまでを振り返る絶好の機会となった。

 中田による解説動画は「ついに中田がエヴァンゲリオンについての授業をアップします!」とハイテンションな宣言で始まり、視聴者からも「いつエヴァンゲリオンの授業をするのか」と待ち望まれていたと説明。冒頭では、大ファンの中田らしく「意気込みを話しているこの段階でちょっと涙が出ている」と感極まり、「この動画は長くなります」とも念を押した。

 動画は前編、後編の2本に分けてアップされ、前編では「アニメ版を全力一挙解説!」のタイトルのもと、同シリーズの歴史とアニメ版のストーリーを紹介。後編では「旧劇・新劇一挙解説!そして最新作への考察」として旧劇場版と呼ばれる「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」、新劇場版シリーズを解説しつつ最新作を考察していった。

 後編のラストでは「みなさん、よくここまで付き合っていただきました。もう全身が痛いです」とやり切った表情で、「何で俺は4時間も何の画像も使わずに喋っているんだ」と嘆いた中田。この動画は、制作元から許可が取れなかったため、画像や動画を使用していない点も一つの特徴となった。

 前後編それぞれのコメント欄には「長すぎてだるいって思ったら全部見ててビックリ 中田さん凄すぎ」「何よりトーク力が凄まじい、エヴァ好きなのもあるけどほんとに聞いてて飽きない」「これ本当にすごいのが写真一つなく口だけで伝えている点」「前編後編合わせて本当に充実した5時間でした」などと長作にもかかわらず飽きずに楽しめたという絶賛のコメントが殺到。「やっとエヴァンゲリオンの大枠理解できた笑」「Qの分からなかったとこが、少しわかりました」というように中田の動画により難解なストーリーを理解できたという視聴者もいた。

 アニメ版からストーリーの詳細を解説していったため「解説というより中田敦彦によるエヴァの再放送で草」「中田さんの話完璧すぎて脳内で映像が再生されるww」「シーンが頭にうかびました」などとエピソードが思い出されたというファンも数多い。また、新作の公開延期に落胆したファンからも「延期はつらいけど、中田さんが動画作ってくれたのでなんとかまた待てそうです」「エヴァファンの救いとなると動画でした。映画公開日まで何回再生されるのか?」といった声が届いている。

 わかりやすさが好評だが、熱く語る姿に賛辞を贈るファンも。コメント欄には「まずはあっちゃんにスタンディングオーベーション」「あっちゃんほんとお疲れさまでした!エヴァファンとして本当に感動でした!」「一人でエヴァをほぼ完全再現してる…バケモノだ」「エヴァ愛がめちゃ伝わってきました!面白かったです!」といった感想も寄せられた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×