記事詳細

サバンナ八木の兄、「R-1」2回戦に登場

更新
サンケイスポーツ

R-1グランプリ2回戦に登場した八木すみほさん 1/1枚  お笑いコンビ、サバンナの八木真澄(46)の兄・八木すみほさん(48)が18日、大阪市内で行われたピン芸人日本一決定戦「R-1グランプリ2021」2回戦に登場した。

<< 下に続く >>

 舞台上では制限時間2分のところ30秒ほどで終了。「心臓が持ちませんでした。弟のハートの強さはハンパやないと思っています」と振り返った。

 ネタはくじでお題を引き、どんな言葉でもしりとりで最後は「パナキ」で終わる芸を披露。真澄がテレビなどでやっているが、本家はすみほさんで小学校からやっているという。さらに真澄の代名詞である「ブラジルに人聞こえますかー?」と地面に向かって叫ぶギャグも「長年、真澄にレンタルしています」と発案者はすみほさんのようだ。

 普段は一級建築士で京都府内で設計事務所を経営している。4年ぶり3回目の出場で初の2回戦進出。真澄からは「お前に託した。なんかあったらバーターで呼んでくれ」とエールを送られたことを明かした。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×