記事詳細

関ジャニ大倉、大竹しのぶと名作舞台に挑戦 ファンは「仲良しのしのぶさんと」「おめでとう!」「超高倍率になりそう」と興奮

更新

世界的名作に挑む上段左から大竹、大倉、下段左から杉野、池田。凄惨(せいさん)な家族を体現する 1/1枚  関ジャニ∞の大倉忠義(35)が6月に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演される舞台「夜への長い旅路」に出演することが18日、発表された。4年ぶりの舞台出演で、親交のある女優の大竹しのぶ(63)との共演。SNSにはファンから「難しい役どころだけど頑張ってね」「朝から素敵なプレゼント」「仲良しのしのぶさんと一緒のお仕事良かったね」などとエールが殺到している。

<< 下に続く >>

 本作は優れた報道などをたたえるピュリツァー賞を4度受賞した米劇作家、ユージン・オニールの遺作で、自身の家族を描いた自伝劇。大竹がモルヒネ中毒に侵された母メアリー役で主演を務める。演出は英演劇界の気鋭、フィリップ・ブリーン氏が手掛ける。

 大倉は父親のすねをかじって暮らす長男のジェイミー役で、舞台への出演は2017年の「蜘蛛女のキス」で主演・ヴァレンティン役を演じて以来となる。念願だった大竹との初共演がかない、「この作品にどっぷり浸かることで、自身のレベルアップにつなげていかなくては」と意気込みを語った。

 大竹は04年の舞台「喪服の似合うエレクトラ」以来2度目のオニール作品に「今回も精神を病みそうな作品(笑)」と戦々恐々だが、「役者4人と濃密な旅に出かけることになる」と気合十分。オニールが自身を投影した次男エドマンド役で初舞台を踏む俳優、杉野遥亮(25)は「何もできないんだから怖がることもない、頑張るしかない」とやる気に満ちたコメントを寄せた。役者であり、金銭に異常な執着を持つ父ジェイムズ・タイロン役は、ベテランの池田成志(58)が演じる。

 ツイッタートレンドでは朝から「大倉くん舞台」「大竹しのぶ」などの関連ワードがランクイン。「大竹しのぶさんのお芝居は普通に生で観てみたい…チケット取れるんだろうか」「昔、授業で読んだ気がする。タイトルだけで痺れる」「演出のフィリップ・ブリーンさんとどんなお芝居つくられるのか楽しみ」などと期待の声が数多く寄せられている。

 大倉のファンからは「すごいね!!すごいって言葉しかまだ出ない!!楽しみ」「演技の仕事が増えるのが嬉しい~」「大先輩ではあるけれど仲の良い大竹しのぶさんも御一緒だからきっと心強いよね」と歓喜する声や、「大倉さん舞台?!しかも大竹しのぶさんと?!ちょっと全然頭が追いついていけてない笑」「ついに大竹しのぶさんとの共演、嬉しすぎて震える…!」と感激のあまり頭の中が混乱する人も。新型コロナの見通しが立たない状況に「早くコロナ消えてよー」「無事に幕が上がりますように」と祈るような思いのファンも散見された。

 ファンにとって新型コロナの状況と同等に心配なのが、チケットの争奪戦。ネットには早くも「チケット取れるかな汗」といったコメントや、「激戦必至やけど、申し込みしよかなぁ」「チケ取り激戦」と臨戦態勢に入るファンが見受けられる。共演者のファンからは「わーお成志さんと大竹しのぶさんの舞台!ぜひとも観たいけどジャニーズ関連のチケット取りにくくて」「大竹しのぶと杉野くんを見に行きたい。そこに倍率をあげてくる大倉くん」などの書き込みも寄せられている。

 初舞台の杉野へのコメントも多数。「杉野さんほんとにおめでとう。絶対見に行きたい、見に行きます!」「わぁ、杉野くんの初舞台観に行きたい」などとたくさんのエールが舞い込んでいる。本作は7月に京都劇場でも上演される。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×