記事詳細

「#あなたのAKBどこから」がトレンド入り 柏木由紀は一度辞退、横山由依は落選経てメンバーに

更新

柏木由紀 1/1枚  15日、ツイッターでは「#あなたのAKBどこから」のハッシュタグがトレンドになり、一般ユーザー、そしてAKB48グループのメンバーたちがファンになったきっかけや加入にまつわるエピソードを紹介し、盛り上がりを見せている。AKB48の3期生として加入し、グループの顔として活躍する柏木由紀もこのハッシュタグをつけてオーディションを振り返った。

<< 下に続く >>

 柏木は「ファッション誌の最後のページのこれを見て親に内緒でオーディションを受けて、許可が降りずに辞退したことから!」と、AKB48メンバーの第1期生を募集する広告の画像を添付し、自身のきっかけを紹介。当時の名称はAKB48ではなく、まだ「秋葉原48」で、一度は辞退することになったが「その後、3期生として加入しました」とデビューするまでを振り返った。

 このツイートには多くのファンからメッセージが届いており、リプ欄には「AKBのオーディションを受けてメンバーになってくれて本当にありがとう ゆきりんに会えて感謝」「その行動力が素晴らしいですね!夢は自分で掴むもの」「1期生でも3期生でも、ゆきりんがakbにいてくれて良かった」「1回オーディション辞退してもゆきりんが諦めず頑張ってくれたおかげで今、ファンになれて毎日幸せです」など、感謝を伝えるファンのコメントが集まった。

 また、柏木に向けて「仕事前に天気を知りたくてテレビをつけたら可愛いお姉さん 柏木由紀さんでした!」「ゆきりんが選挙で8位になってから、在宅を飛び出したなぁ」など、柏木のファンになったきっかけを語るファンも見られた。

 このほかにも、STU48を兼任する岡田奈々は「AKBINGO!で板野友美さんを見て可愛いなぁって思ったのが始まり」とファンからメンバーになったことを明かし、握手会にも参加していたという。2代目グループ総監督を務めた横山由依は「姉が教えてくれた大声ダイヤモンドのMVを観てから」といい、「SKE48の2期生はダンス審査で落選 AKB48の8期生は2次審査で落選」とオーディションに落選したことを告白。それでも「高校生の間に上京できないと諦めると決めていました」と強い思いを胸に挑んだAKB48の9期研究生オーディションに合格し、上京したのが「高校2年生の冬、RIVERの頃です」と振り返った。

 さらに、メンバーだけでなく、スタッフたちもその始まりについてツイート。ファンと運営本体が双方向で活気づくという、AKB48らしい盛り上がりを見せている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×