記事詳細

新しい学校のリーダーズが世界デビュー!「日本の個性と魅力を見せつけたい」

更新
サンケイスポーツ

青春の象徴であるセーラー服姿で世界デビューを果たす新しい学校のリーダーズ。上からRIN、SUZUKA、KANON、MIZYU 1/1枚  2017年にメジャーデビューした女性ダンスボーカルユニット、新しい学校のリーダーズが20日配信の新曲「NAINAINAI」で世界デビューすることが14日、分かった。“青春日本代表”をテーマに活動する4人組で、寸劇を交えた個性的なパフォーマンスが特徴。昨年末、米レーベルでアジアのカルチャーを発信する88risingと契約し、メンバーは「日本の個性と魅力を世界に見せつけたい」と気合が入っている。

<< 下に続く >>

 セーラー服姿のダンスパフォーマンスで悲喜こもごもの青春を体現する4人組が、2021年に大きく飛躍する。

 動画アプリ・TikTokのフォロワーが60万人を超えるなど海外からも熱視線を浴びる学校のリーダーズ。丸いメガネがトレードマークのSUZUKA(19)やRIN(19)、MIZYU(22)、KANON(18)は世界デビューが決まり、「最初は戸惑いと興奮が半端なかったですが、改めて『青春日本代表』として世界に出動するんだと実感しています」と日の丸の重みを感じていた。

 今回の配信曲「NAINAINAI」は「ATARASHII GAKKO!」名義で発表し、ファンキーなビートに合わせたラップに挑戦。思春期特有の将来の不安などを表現した歌詞を、軽快なリズムで力に変えて世界の若者と共有する。

 2015年にユニットを結成。ロッテのチューイングガム「Fit’s」のCM動画やあいみょん(25)が作詞作曲した「学校行けやあ゛」などインパクトの強い曲で注目を集めてきた。

 その独特の世界観は海外の音楽業界でも話題となり、昨年末にアジアのカルチャーを発信する米レーベルの88risingと契約。その後、同レーベルのホームページで過去のパフォーマンス動画を配信すると、公式動画サイトの登録者数が7万人も増加した。

 コロナ禍の昨年は前衛的な作風の動画配信などで存在感を発揮。これまで海外でのライブ経験はないが、メンバーは「日本の個性と魅力を世界へ見せつけて行こうと思います」と決意表明。

 全米デビューの日本アーティストといえば、PUFFY、倖田來未(38)、宇多田ヒカル(37)らビッグネームがズラリ。新しい学校のリーダーズも持ち前の青春パワー全開で新しいクールジャパンを巻き起こす。

◆新しい学校のリーダーズ

 2015年に結成。17年にシングル「毒花」でメジャーデビュー。同曲はテレビ朝日系「女囚セブン」の主題歌に採用された。18年にはイナズマロックフェスに出演。広告ではこれまでユニクロ、SHIBUYA109、ラーメンチェーンの幸楽苑などとコラボ。現在はNHK Eテレ「ブレイクッ!」(水曜前10・10)などに出演中。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×