記事詳細

NHK朝ドラ「おちょやん」若村麻由美演じる千鳥さん“退場劇”にネット涙「確かな愛」「また会いたい」

更新

山村千鳥役を演じる若村麻由美 (C)NHK 1/1枚  NHK連続テレビ小説「おちょやん」の第29話が14日、放送され、女優・若村麻由美演じる山村千鳥の“退場劇”が描かれた。ツイッターではこの日、「千鳥さん」がトレンド入りし、主人公・竹井千代(杉咲花)らとの別れに、多くの視聴者が涙を流した。

<< 下に続く >>

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ女性の姿をフィクションとして描く同作。若村演じる千鳥は、千代が所属する「山村千鳥一座」の座長で、役者の世界に飛び込んだ彼女の最初の師匠となる人物。とにかくわがままでクセの強い性格だが、芝居への情熱はすさまじく、千代に演じることの基礎を叩き込むなど、今後の物語を進めるうえで欠かすことのできない重要人物だ。

 物語は現在、第6週「楽しい冒険つづけよう!」(26~30話)が放送されており、客の不入りが続く一座が打開策として、子供たちに人気の芝居「正チャンの冒険」の実施を決めるが、本番前日に主役を演じる予定だった座員の薮内清子(映美くらら)が足を負傷してしまうアクシデントが発生。この事態を受け、すべてのセリフが頭に入っている千代が正チャン役を演じることになった。

 ところが、これが初舞台となる千代は基本の腹式呼吸ができておらず、客席に声が届かず、芝居にならないという事態に直面してしまう。そんな千代の前に千鳥が現れ、腹式発声の基礎を叩き込んだ。そして朝までマンツーマンで千代の演技指導にあたり、結果、舞台は大成功を収めた。

 この舞台は人気を呼び、公演は延長となり、無事に千秋楽を迎えた。そして新聞の劇評に「今回が初舞台の新人女優、粗削りだが見どころあり」と載り、千代は大喜び。指導に当たった千鳥に感謝の言葉を述べ、「次も気張らしてもらいます」と笑顔を見せた。

 だが、そんな千代の姿を見た千鳥の表情は険しく、「次はないわ…」と突き放した。千鳥は一座の解散を決意していたのだ。千代たちによって、自身が独りよがりで傲慢になっていたことに気づかされた千鳥は、「もう一度、一人で全国を回って自分を鍛えなおす」と宣言。千代の芝居を受け「私も冒険したくなったの!」と述べた。そして座員たちには次の行き先を紹介し、千代には大女優・高城百合子(井川遥)が看板を務める鶴亀撮影所に紹介状を書いてくれていた。千鳥は千代に「自分の未熟さを、行って思い知るといいわ」と言い、「次に会うときには、あなたの困り果てた顔見るの楽しみにしてるから」と彼女らしい言葉で千代に別れの言葉を告げた。

 登場序盤では、稽古で座員たちを罵倒したり、気に入らないことがあると手当たり次第に台本や物を投げつけるなど、その横暴な振る舞いが話題となった千鳥。だが、その裏に隠されたプライドやプロとしての考え方などが明らかになるにつれ、視聴者の見方も徐々に変化。相変わらず口は悪いが、座員たちのことを思う姿や芝居に対するひたむきな姿勢に触れ、多くの視聴者がSNSで「千鳥さん退場淋しい」「千鳥さんもっと見ていたかった」「千鳥さん、時々出てきてまた千代ちゃんに『嫌がらせ』をして欲しいなあ」などとつぶやいた。

 また、目に涙をためながら千代と会話する千鳥の姿に感動するネットユーザーも続出。ツイッターには「めったにドラマで泣かないんだけど、千鳥さんとのお別れ場面で涙が出てしまった」「千鳥さんが目を潤ませながら『次はあなたの困り果てた顔見るの楽しみにしてるから』とか言うのずるい泣く」「千鳥さんのせいで鼻水出ちゃった」「千鳥さん、むちゃくちゃええ人やん」「極めて面倒臭い性格ではあるが、やっぱり千鳥さんは素晴らしい人でありました」といった書き込みがあふれた。

 不器用な千鳥をたくさんのドラマファンが「嫌がらせじゃないよね 優しい 自分に厳しいだけだね」「千鳥さんの愛のある嫌がらせ、好きです笑」「千鳥さんの『困った顔が見たい』は『困った時は頼れ』ってことだろうね」などと理解。これまでの流れを「千鳥さん 不器用なでも確かな愛でした。短い間だったのに濃密でした」「まだ千鳥様と出会って1週間なのに、なんだか昔から知ってる役者さんで、イケズで可愛い千鳥さんになってる。すごいな…また会いたいよ、千鳥様」と振り返った。

 一方、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、スタートが約2カ月半遅れた同作。そのため、全体的なストーリー展開が早いと感じる声も多く、SNSには「予定通りの話数だったら千鳥さん編もう少し長かったのかな」と勘繰る人や、「2カ月遅れで開始した(せざるを得なかった)影響なんやろか…もう少し千鳥さんとの丁々発止を見たかったなぁ」と書き込む朝ドラファンもいた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×