記事詳細

竹内結子さん、清楚で柔らかい笑顔の演技派女優 話題作に引っ張りだこだった

更新
サンケイスポーツ

朝ドラ「あすか」のヒロインに決まり、笑顔を見せる竹内さん。スター街道を突き進んでいたはずだったが… 1/4枚  女優、竹内結子さんが27日午前1時50分頃、東京・渋谷区の自宅マンションで首をつった状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。40歳だった。遺書は見つかっていないが、警視庁渋谷署は現場の状況から自殺とみている。昨年2月に俳優、中林大樹(35)と再婚し、今年1月に第2子の次男を出産したばかり。芸能界では自殺とみられるケースがこの2カ月で4人と相次いでいる。

<< 下に続く >>

 竹内さんは清楚なイメージで数多くの映画、ドラマ、CMに出演。柔らかい笑顔の演技派女優として人気を博した。

 高校入学前の春休みに原宿でスカウトされ、姉の「やりたいことがないなら、やってみれば」という言葉に背中を押されて芸能界へ。96年、フジテレビ系「新・木曜の怪談」の女子高生役でドラマデビュー。99年にNHK連続テレビ小説「あすか」のヒロインを演じ、2002年のフジ系月9ドラマ「ランチの女王」に主演しブレークした。

 03年に映画「黄泉がえり」、05年には「いま、会いにゆきます」などで日本アカデミー賞優秀主演女優賞を3年連続で受賞。名実ともに人気女優となっても、共演者やスタッフへこだわりの差し入れを続ける“気遣いの人”。癒やしキャラで、現場のムードメーカーだった。

 10年のスペシャルドラマ、12年の連ドラを経て、13年に映画化された「ストロベリーナイト」は代表作の一つ。男勝りな警視庁捜査一課の女刑事役を熱演したが、「仕事で落ち込むときもある。でもやめて後悔すると思えるなら、まだ頑張れる。毎日ちゃんとお腹が空けば大丈夫。朝、ニコッと笑って出掛けます」と前向きに語っていた。

 竹内さんのインスタグラムは9月1日の投稿が最後。「皆んな~夏休み中も元気で過ごしてましたか? 新学期に向けて前髪作りました」と写真を添えてつづっていた。コメント欄には「素敵な作品を沢山ありがとう」「大好きな女優さん」「もっと色々な演技が見たかった」など1万5000件を超えるメッセージが寄せられた。

写真一覧

  • 竹内結子さんの主な出演映画
  • 竹内結子さん出演中のCM
  • 竹内結子さんの主な出演ドラマ

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×