記事詳細

武田久美子、東大生が選んだ「貴少女」から衝撃の「貝殻ビキニ」 そして美のカリスマへ

更新
サンケイスポーツ

愛くるしい笑顔をみせる14歳当時の武田。「お仕事が忙しくなってきたけれど、成績が落ちないように勉強も頑張る」と誰よりも輝いていた=1982年撮影 1/4枚 【スターの蔵出しショット・あの日の君へ】

 サンケイスポーツが撮影してきたスターの蔵出しショットを紹介する企画「あの日の君へ」。今回は1982年にデビューした女優、武田久美子(52)が登場だ。映画「ハイティーン・ブギ」で歌手、近藤真彦(56)の恋人を演じてブレーク。抜群のプロポーションを披露した“貝殻ビキニ”が話題となり、元祖グラビアクイーンとして絶大な人気を誇った。現在は年齢を重ねても色あせない美貌や前向きな生き方が美のカリスマとして多くの女性から支持されている。

<< 下に続く >>

 20代と変わらない抜群のスタイルと華やかで色気ある美貌を兼ね備えた武田は、13歳だった1981年、東大生が選ぶアイドルコンテスト「シティ・アイドル’81」でグランプリを獲得したことを機に芸能界入りした。

 パッチリとした大きな瞳と凛としたたたずまいが魅力で、当時のキャッチフレーズは「貴少女」。82年、映画「ハイティーン・ブギ」で近藤真彦の恋人役としてデビューし、ブレーク。同作の記者会見ではマッチとのキスシーンについて、「女優になるための勉強だと思って頑張ります」と初々しく語っていた。

 83年にはフジテレビ系初主演ドラマ「さよなら三角」の主題歌「噂になってもいい」で歌手デビュー。以降、TBS系「アイコ17歳」、フジテレビ系「豆姫さま漫遊紀」などに出演と仕事に真摯に取り組み、売れっ子アイドルとなった。

 演技や歌と並行して83年からグラビア活動もスタート。当時の写真集イベントでは「写真を撮られるのが楽しい」と話しており、ポーズや衣装、ヘアスタイルを自ら研究してセルフプロデュース。158センチ、B85W58H82のパーフェクトボディーも話題となり、89年の写真集「My Dear STEPHANIE」でホタテ貝を水着に見立てて披露した“貝殻ビキニ”は武田の代名詞に。元祖グラビアクイーンとして頂点を極めた。

 私生活では2000年、米国人男性と結婚し、米・サンディエゴに移住。02年に長女(17)が誕生も、11年に離婚。その後は、まな娘の育児を中心に米国から来日する形で芸能活動を行い、19年の映画「翔んで埼玉」などに出演。日本テレビ系「ダウンタウンDX」などバラエティー番組まで幅広くこなす女優として注目を集める。

 また、アラフィフとは思えない美しさや抜群のプロポーション、意志の強い前向きな生き方が同世代の女性を中心に絶大な支持を得ており、著書「武田久美子のシンプルな35の習慣」などが大ヒット。「私は私のまま、この先も飛躍していきたい」。その言葉通り、今も進化を続けている。

写真一覧

  • 1989年発売の写真集の表紙で、おなじみの“貝殻ビキニ”を披露。女性もうらやむ均整ボディーでグラビア界の頂点を極めた
  • 船の前にたたずむ魅惑のビキニショットを公開。抜群のプロポーションは健在だ=2019年撮影
  • 武田久美子(2014年撮影)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×