記事詳細

NHK朝ドラ「エール」第16週「不協和音」見どころ 戦時色強まるなか、忙しい日々を送る裕一は…

更新

古山裕一役を演じる窪田正孝 写真提供=NHK 1/1枚  前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描くNHK連続テレビ小説「エール」。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、妻の音を女優の二階堂ふみが演じる同作の第16週(9月28日~10月2日)のあらすじを紹介する。

<< 下に続く >>

 第15週で、裕一は、陸軍の馬政課が制作する映画の主題歌づくりを要請され、作詞家と歌手を指定することを条件に、この話を引き受けた。そして、作詞を幼なじみで作詞家を目指す村野鉄男(中村蒼)に、そして、歌を同じく幼なじみの佐藤久志(山崎育三郎)に任せるというプランを考えた。

 だが、陸軍の要求は厳しく、鉄男の歌詞は何度書き直しても了承を得られなかった。6回目の書き直しでも求めている歌詞にならず、陸軍は、裕一に「ほかの作詞家を紹介してほしい」と頼む。すると裕一は「彼が書かせてもらえないなら、僕も辞めます…」とこの話を断ろうとした。

 これを受け、陸軍は鉄男にもう一度チャンスを与える。しかし、鉄男自身が書く気をなくしており、裕一は、歌詞を書くきっかけになればと、鉄男を故郷の福島県へと誘った。久しぶりに裕一が実家を訪れると、そこには先回りした久志がおり、そして3人の小学校時代の恩師、藤堂清晴(森山直太朗)も妻の昌子(堀内敬子)と息子を連れてやってきた。藤堂はそこで自身の出征が決まったと告げ、3人は大きなショックを受ける。

 陸軍からの要求に悩む鉄男に、藤堂は「出征することになった自分のことを思って歌詞を書いてくれないか」と頼む。藤堂の言葉を胸に鉄男は、陸軍の仕事と向き合い、気持ちを込めて歌詞を書き上げた。その内容に陸軍も満足。戦いに行く人の心に近づきたいと祈りながら書いた「暁に祈る」は大ヒットを記録し、ついに“福島三羽ガラス”が世に出ることになった。

 第16週のサブタイトルは「不協和音」(第76~80話)。戦時色がさらに強まり、世の中に暗い影が忍び寄る。

 昭和16年、太平洋戦争が勃発。世の中の戦時色がさらに強まるなか、裕一は戦時歌謡のほかに、戦果を伝えるニュースとともに流す歌、ニュース歌謡の作曲にも関わるようになり、忙しい日々を送っていた。

 戦争が激しさを増すにつれ、日本は次第に苦境に立たされ、食料の配給も減少。音も日々の食事づくりに苦労するようになっていた。そんなある日、久志のもとに、召集令状が届く。

 時代の波が押し寄せるなか、音は、自宅で開いていた音楽教室を閉めざるを得なくなる。落ち込む音だったが、戦意高揚の音楽活動を行う“音楽挺身隊”に参加することになり…。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×