記事詳細

朝ドラ「エール」、ハナコ岡部大の演技にネットも涙…“五郎ロス”になる人も?「久しぶりにドラマで泣いた」「いい演技」「まだ今週は終わってない」

更新

左から田ノ上五郎(岡部大)、古山裕一(窪田正孝) 写真提供=NHK 1/1枚  NHK連続テレビ小説「エール」(NHK総合など)の第69話が17日、放送され、お笑いトリオ「ハナコ」の岡部大の演技に多くの視聴者が感動。SNSには、朝から「泣いた」「いい演技だよ」などのコメントが殺到する事態となった。

<< 下に続く >>

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻、音を女優の二階堂ふみが演じる。

 岡部が演じるのは茨城県出身の青年、田ノ上五郎。小さいころ親に売られ、奉公先で裕一の楽曲を聞いたことで、作曲家を目指し上京。裕一に弟子入りし、古山家で居候生活を送っている。

 古山家には、音の妹で作家として執筆活動をしている関内梅(森七菜)も一緒に住んでいた。最初は五郎のことを毛嫌いしていた梅だったが、優しい人柄などに惹かれ、少しずつ、彼のことが気になり始めていた。

 ある日、梅が神社の前を通りかかると、思案顔の五郎が石段に座っていた。「自分には作曲家としての才能がない、自分はダメな人間だ」などと話す五郎に、梅は「大丈夫。五郎さんはダメな人なんかじゃない。ダメなだけな人、好きにならんもん。私、五郎さんのことが好き」と思わず告白してしまう。

 しかしその後、五郎は裕一に「弟子を辞める」と申し出て、古山家を去ってしまう。梅が涙を流しながら、五郎を見送ったところで、この日の物語が終了となった。

 まさかの急展開にネットは朝から騒然。五郎の言動に多くの視聴者が「久しぶりにドラマ見て泣いた」「エール観てたら泣いて、化粧できなくなった。遅刻します」「いきなりの退場に(裕一と音の娘の)華ちゃんと同じくらい大号泣」「小さい頃に親に奉公へ売られた五郎役の岡部大の訴える演技、泣いたわーーーー」などと涙を流した。

 岡部の演技も反響を呼び、「岡部くんいい演技だよ」「ハナコの岡部やるなぁ!!!」「岡部に泣かされる今朝」「ハナコの岡部くんはいい役者になりそう」「岡部さん、失礼ながらついこの間まで知りませんでしたが、演技もいけますね」など、ツイッターには、その芝居を絶賛するコメントも相次いだ。

 五郎が古山家を去ってしまったことで、早くも「五郎ロス」になる視聴者もおり、「五郎はレギュラー化しないのか 戦後に再会してほしいな」「五郎ちゃん帰ってきて…」「梅ちゃん止めるんだ!五郎ちゃんを止めれるのは梅ちゃんしかいないぞ!」といったツイートも届いた。

 しかし、第14週「弟子がやって来た!」(66~70話)はまだ1話残っており、そこに望みを託すドラマファンも多かった。ツイッターには、「まだ明日があるから展開はわからんわ」「まだ今週は終わってはいないいいいいいいい」「まだ今日は木曜日だから明日何か絶対あるよね…五郎さんの見せ場…くるよね??」「五郎ちゃん、これで最後は寂し過ぎるからまだ続きがあると信じてる!!!!!」「五郎リターンズ、まだワンチャンあるw」など、今後の展開を楽しみにする書き込みも多数寄せられた。

 2018年の「キングオブコント」で優勝した「ハナコ」のリーダーで、ボケを務める岡部。地元の県立秋田高から早稲田大に進学した「インテリ芸人」という一面も持つ。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×