記事詳細

田中のナンパ?高田馬場?DA PUMP新曲が空耳で話題 正解は…

更新

さいたまスーパーアリーナの楽屋で報道陣につり革ダンスを披露したDA PUMPの左からISSA、YORI、TOMO、KIMI 1/1枚  人気グループ、DA PUMPが30日に発売するニューシングル「Fantasista~ファンタジスタ~」が“空耳”の宝庫として話題になっている。16日には、日本テレビ系の情報番組「スッキリ」で取り上げられ、空耳として聞こえる「田中のナンパ」がツイッターのトレンドに入り、「田中のナンパw」「確かに聞こえる~」などの書き込みが相次いだ。

<< 下に続く >>

 同楽曲はサンバやフラメンコの要素を取り入れた情熱的なラテンサウンドのナンバー。CDの発売を前に、音楽配信サービスで先行配信が開始され、YouTubeでもミュージックビデオ(MV)が公開されている。SNSではMV公開直後からサビが「田中のナンパ」や「高田馬場」と聞こえると話題になっていた。

 「スッキリ」では、街頭インタビューを行い、サビが何と聞こえるか調査。「田中のナンパ」や「高田馬場」以外にも「田中のラッパー」や「裸のナンパ」といった回答が得られた。

 空耳で盛り上がっているが、正しい歌詞は「Danza Carnaval(ダンザ・カルナバル)」。番組にはDA PUMPのボーカル、ISSAがリモートで生出演し、スペイン語で「ダンスカーニバル」を意味すると説明した。この「ダンザ・カルナバル」を早口で歌うと「田中のナンパ」などと聞こえるといい、正解を明かしたのち、サビを歌ってみせたISSAだが、MCのハリセンボン・近藤春菜は「今聞いても『田中のナンパ』です」と笑い、加藤浩次も「ISSAさん、『田中のナンパ』って言っているんじゃない?」とツッコミ。ISSAは「言ってないです」と笑い、加藤から「『田中のナンパ』で言ってもらってよろしいですか?」とお願いされると「田中のナンパ~♪」とサービスたっぷりに披露した。

 放送後、ツイッターには「田中のナンパにしか聴こえなかった(笑)」「田中のナンパ 破壊力がすごい」「あれ何度聞いても田中のナンパって聞こえた。それで笑いすぎてしまった」などの書き込みがズラリ。また、トレンド入りしたことで「アンガールズ(の田中卓志)がなにかしたのかとおもた」「“田中のナンパ”がトレンド入りしてるの見て(SixTONESの)田中樹の事かと思った人が私だけじゃなくて笑った」など、姓が田中の有名人を思い浮かべ、勘違いする人も続出したようだ。

 「今朝取り上げてもらって、高田馬場より田中のナンパが一気に優勢にw」という書き込みがあるように、ファンの間では“高田馬場派”が多かったようで「ダンザカルナバル→高田馬場→田中のナンパと進化していくファンタジスタ」「『田中のナンパ』に追い抜かれましたwww」とも盛り上がっている。もちろん「私は高田馬場にしか聞こえんかった」という声も少なくない。

 DA PUMPといえば、2018年にリリースした「U.S.A.」が“ダサカッコいい”と大きな話題となり、再ブレークした。この年の「第60回輝く!日本レコード大賞」(TBS系)では「優秀作品賞」に選出、さらに「第69回NHK紅白歌合戦」にも出演し、16年ぶりに紅白に返り咲いた。当時の音楽シーンをにぎわせたことを思い出す人もおり、「U.S.A.」のように「田中のナンパもこれから伸びると良いっすね!」と期待を書き込んだ投稿もあった。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×