記事詳細

「半沢直樹」大和田、セミ羽化の瞬間に大興奮!? SNS「おねしゃす!」「凄いDeath!!」

更新

俳優、香川照之 1/1枚  話題の人気ドラマ「日曜劇場 半沢直樹」(TBS系)にレギュラー出演している俳優の香川照之が14日、自身のツイッターで、セミが羽化している様子を収めた動画を公開。普段、あまり目にする機会のない貴重な瞬間に香川も興奮したようで、この投稿に多くのコメントが集まっている。

<< 下に続く >>

 俳優として活躍する一方、「香川照之の昆虫すごいぜ!」(NHK Eテレ)では、カマキリの衣装をまとったカマキリ先生が話題の香川。大の昆虫好きとしても知られている。そんな香川がこの日、ツイッターで「まさに、ホントに、今!なう!偶然出会いました!」と切り出し、「こんな9月の真ん中に出て来て大丈夫?!って心配すぎて、撮ってる手が震えました…頑張って生きて下さい!オネシャス!!」と投稿。最後は、13日に放送された「半沢直樹」(第8話)で話題になったワードで締めくくるサービスも見せ、フォロワーたちを喜ばせた。

 その後も香川は報告を続け、「あれから3時間!立派なアブラゼミのメスになって、明日の朝はばたくのを待ってました!」とツイート。それぞれの投稿には、懸命に殻を破って羽を伸ばそうとしている様子と、枝の先につかまって飛び立とうするセミを収めた動画がそれぞれ添付されていた。

 興奮を隠し切れない香川のツイートに多くのフォロワーが反応。リプ欄には「カマキリ先生に見てほしくて、今、羽化したのかも!」「推し(昆虫)への愛があふれていて素敵です」「素晴らしい映像ありがとうございます!」「本当美しいですね!」などの声が相次いだ。

 一方、香川同様、羽化の瞬間に出会ったというフォロワーも意外と多く、「私も今年初めてクマゼミの羽化の瞬間に立ち会えました」といった返信も目立った。また、香川が使った「オネシャス!!」というワードに反応するネットユーザーも少なくなく、「カマキリ先生!私も今夏、夜に遭遇して収めたやつ送ります。おねしゃす!」「凄いDeath!!頑張って生きてイキますように」「オネシャス、今年の流行語大賞にノミネートされないかなぁw」といったつぶやきも散見された。

 直木賞作家・池井戸潤氏の人気小説を原作に2013年に前作がドラマ化された「半沢直樹」。俳優の堺雅人が型破りな銀行マン、半沢直樹を演じ、今作では、出向先から東京中央銀行営業第二部次長に復帰した半沢が、さまざまな敵と戦いながら、破綻寸前の航空会社「帝国航空」の再建に奔走する様子が描かれる。

 香川が演じるのは、東京中央銀行取締役の大和田暁。前作では常務として登場していたが、その最終回で半沢によって不正が暴かれ、バンカーとしての生命を絶たれそうになるが、頭取の中野渡謙(北大路欣也)派へと華麗に鞍替えし、行内融和を掲げる中野渡を盛り立てる形で何とか銀行に居残った。自分を追いやった半沢が憎いが、今作ではお互いの利害が一致することも多く、“共闘”することもしばしば。その様子が毎回ネットで大きな話題になっている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×