記事詳細

ベネチアで銀獅子賞獲った黒沢清監督 「授賞のときは寝てました」とのぶっちゃけが「何とも可愛らしい」

更新

黒沢清監督 1/1枚  世界三大映画祭に数えられる第77回ベネチア国際映画祭の授賞式がイタリアで12日夜(日本時間13日未明)に開かれ、「スパイの妻」(10月16日公開)の黒沢清監督(65)が銀獅子賞(監督賞)に選ばれた。日本人としては2003年の北野武監督(73)以来17年ぶりとなる快挙に、ツイッター上では国内の映画ファンから祝福の声があがった。

<< 下に続く >>

 世界が注目するベネチア国際映画祭の授賞式。審査員長の女優、ケイト・ブランシェット(51)が晴れやかな表情で「Kiyoshi Kurosawa 『Wife of a Spy』(英題)」と監督賞を発表した瞬間、ソーシャルディスタンスで着席したマスク姿の関係者から称賛の拍手が鳴り響いた。コロナ禍で現地入りを断念していた黒沢監督は、ビデオメッセージでスピーチ。「大変驚き、言葉では言い尽くせない喜びを感じています」と海外に認められた快挙をかみしめた。

 ツイッターには「おおお!おめでとうございます!!」「凄いーーー嬉しいーーー」など、祝福と歓喜の声が多数集まっている。

 同日に女子テニスの全米オープンで大坂なおみが2度目の優勝を果たした吉報もあったため、「本日はいいニュースが2つも」「大坂なおみ選手の全米オープンテニス優勝の話題に隠れちゃいましたがこちらも大変めでたい偉業です」とのコメントも見受けられた。

 監督のファンにとっては「やっぱ世界の『黒沢』だな 黒沢清ホラー好きよ」「個人的に好きな監督だけど、いかんせんマニアックな作品ばかりなので受賞は驚き この受賞で新作の製作資金が集まるといいね」「あーほんと、泣ける。座頭市から17年。武も清も大好きな監督だから。どちらも着眼点が好き」など、感激もひとしおだったことがうかがえる。

 14日朝のテレビで放送された監督のオンライン会見の中で、授賞式が日本時間の深夜であったため「授賞するときは寝てました」と明かしたことについても、「誰よりも御本人でいらっしゃる監督が朝まで寝ていらしたというのが何とも可愛らしい」など、好意的に受け止める視聴者がほとんどだった。

 また、授賞式でプレゼンターを務めた審査員長のケイト・ブランシェットについてのつぶやきも少なくない。「発表するケイト・ブランシェットさんの美しいことよ…」「相変わらずお美しい」と、その美貌を賛美するものや、「でもスケスケドレスが気になりすぎます~」「ドレスが目に焼き付き、頭に入ってこない」「ドレスがどうしても(絵本の)はらぺこあおむしに見えてしまう」など、ドレスのインパクトに目を奪われたとの声のほか、「カンヌで『万引き家族』(2018)がパルムドールを受賞した時も審査員長はケイト・ ブランシェットだった」と、審査員長であるケイト・ブランシェットの判断が授賞に大きく影響したのではないかとの推察が複数見られた。

 映画は10月16日の公開が予定されており、「秋の公開を楽しみにしています」「純粋にこのスパイの妻の映画は見たい」など、多くの映画ファンが期待を寄せている。「音楽は浮雲さんだし、長年の事変ファンとしても嬉し」と、「浮雲」名義でロックバンド「東京事変」のギタリストとしても活動する長岡亮介が同作の音楽を担当していることに注目するユーザーもいた。

 日本人の銀獅子賞受賞は03年の北野武監督以来、17年ぶり5人目。1954年に「七人の侍」で黒澤明監督が初受賞。さらに2度受賞した溝口健二監督、熊井啓監督ら巨匠が続いた。

 「スパイの妻」は、太平洋戦争前に偶然恐ろしい国家機密を知り、正義感から世に知らせようとする夫婦を描くサスペンスで、主演は蒼井優(35)と高橋一生(39)。今回、最高賞・金獅子賞を競うコンペティション部門に出品され、世界の18作品から銀獅子賞に選出された。同賞には審査員大賞と監督賞があり、金獅子賞に次ぐ栄誉となる。

 黒沢監督は1983年にピンク映画で監督デビュー。2001年のホラー映画「回路」がカンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した。黒澤明監督と血縁関係はないが、“もうひとりのクロサワ”として国内外から注目されていた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×