記事詳細

ボン刑事役の宮内淳さん死去 活躍懐かしむ声続々「七曲署で一番好き」「殉職シーン今でも鮮明に」「あの世でボスに会えたかな」

更新

宮内淳さん(1978年撮影) 1/2枚  昭和の人気刑事ドラマ「太陽にほえろ!」の“ボン刑事”で知られる俳優、宮内淳さんが、先月14日に直腸がんのため亡くなったことが6日、分かった。70歳だった。この日、宮内さんが代表理事を務める公益財団法人地球友の会が発表した。ツイッターには、宮内さんの俳優時代の活躍を懐かしみ、死を惜しむ声が寄せられている。

<< 下に続く >>

 葬儀は故人の強い希望により、近親者のみで同17日に執り行われたという。公式サイトでは「日頃から『死は、この世での役目を終えて卒業し次のステージに行けるということ。どうか悲しまないでほしい』と語っておりました」と故人の思いを説明していた。

 宮内さんは、1975から79年まで日本テレビ系「太陽にほえろ!」で演じたボンこと大阪生まれのボンボン刑事、田口良役で大ブレーク。79~80年の同局系青春学園ドラマ「あさひが丘の大統領」では“はみ出し教師”を熱演。82年に「影絵劇団かしの樹」を設立すると、89年からNHK「おとぎのへや」「おはなしのくに」で影絵劇の上演など児童演劇活動を展開。2002年に同法人の前身、「世界環境写真展実行委員会」を設立し、俳優業以外での活動が顕著になった。

 訃報を受け、ツイッターには、「懐かしい名前を見たと思ったら訃報。最近は目立った俳優活動はされてなかったようだけど、一時時代を飾った一人でした」「宮内さん、足長くてモミアゲ長くてカッコいい憧れのお兄さんでした」「ファンクラブ入ってました。今まで五十数年の人生でファンクラブ入ったのはボンだけです」など、惜しむ声が寄せられている。

 出演作品としては、「太陽にほえろ!」を振り返るユーザーがやはり圧倒的に多い。「ボンが一番好きだった」「ジーパンやロッキーなどに比べたら地味な印象のボンでしたが、私が小学生の時、一番好みのタイプでした」「ボン、好きだったんだよ。亡くなったんだ。なんだか悲しい気持ちが湧き上がってきた」「ボンボン刑事、七曲署で一番好きな刑事でした」など、同作品の人気絶頂期を牽引した「ボン刑事」の人気ぶりがうかがえる。

 同作関連では、「ボン刑事が殉職したシーンは、当時小学生でしたが、今でも鮮明に覚えています。最後、電話ボックスから電話をするシーン…」「殉職の回は、ビデオデッキもなかったので、テープにとって泣きながら何回も何回も聞きました」など、ボン刑事の最終登場回「13日金曜日ボン最期の日」での、追跡していた犯人の銃弾を受け、電話ボックスで受話器を握ったまま事切れる、ショッキングな殉職シーンへの言及が目立った。

 また、「警察犬シリーズが好きだったな」と、「警察犬ジュン2号」「警察犬ブラック」と共演した回を挙げるコメントや「ボン刑事… あの世でボスに会えたかな ご冥福を祈ります」「ボスにお前早く来すぎだぞと怒られてそう」と、故・石原裕次郎氏が同作で演じた「七曲署捜査第一課捜査第一係長 藤堂俊介/ボス」を引き合いに出して悼む声も見受けられた。

 「あさひが丘の大統領」で演じた主人公「ハンソク先生」のイメージが強く残っている人も少なくないようで、「ボンでもあるけど大統領ですよね」「宮内さんのコミカルで熱血な演技が今見直しても実に素晴らしいです」「直向きで自然体の感じがしたなぁ… 再放送を観たい!」などのコメントがあがっていた。

 このほか、「子供だった私には『悪魔が来りて笛を吹く』の三島東太郎役が衝撃的でした」「『ボンがこんな役を』って思いました」など、物語の鍵を握る重要人物を演じた1979年公開の映画で金田一耕助シリーズの「悪魔が来りて笛を吹く」や、81年放送のフジテレビ系ドラマ『キャンパスアクション 探偵同盟』を挙げる人も散見された。

 表舞台に登場しなくなって久しかったこともあり、「亡くなったのは淋しいけれど。70歳だったのに驚く」「驚きました。ボンが70歳、、、」「若いイメージ残ってるけど 考えてみれば、もう45年ぐらい前なんだよな、ボンやってたの 子供の頃のアニキのような方が亡くなるたびに、自分の年齢を思い出す」「石原裕次郎・ショーケン・松田優作・沖雅也・下川辰平・宮内淳…それだけ自分も歳取ったってことですね」など、時間の経過を思い知らされたというユーザーも多かったようだ。

写真一覧

  • (前列左から)ボスこと故石原裕次郎さんや勝野洋らと「太陽にほえろ!」で個性派刑事を演じた宮内さん(中列左)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む