記事詳細

香川照之「半沢直樹」生放送にカマキリ先生の衣装持参していた ファンの反応「用意してたんですかww」「着けて欲しかった」

更新

俳優、香川照之 1/1枚  俳優の香川照之が6日、ツイッターを更新。この日、生放送された連続ドラマ「日曜劇場 半沢直樹」(TBS系)の特別番組「生放送!!半沢直樹の恩返し」に出演した香川は、不定期放送の教養番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」(NHK Eテレ)でおなじみのカマキリ先生の衣装を持参していたことを明かした。さらに、ツイッターのアイコン画像をカマキリ先生のヘッドを装着した「半沢直樹」で演じている大和田暁の写真に変更。香川が演じる人気キャラの合体はファンを沸かせた。

<< 下に続く >>

 俳優の堺雅人が主演を務め、型破りな銀行マンの奮闘ぶりを描く連続ドラマ「半沢直樹」。直木賞作家・池井戸潤氏の人気小説を原作に2013年に前作がドラマ化され、続編となる今作も物語は後半戦へ。出向先から東京中央銀行営業第二部次長に復帰した半沢(堺)が、さまざまな敵と戦いながら、破綻寸前の航空会社「帝国航空」の再建に奔走する様子を描いている。

 6日は当初、第8話の放送を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、撮影スケジュールに大幅な遅れが発生したため、生放送の特別番組を編成。主演の堺をはじめ、香川、及川光博、片岡愛之助、児嶋一哉が出演した。

 香川が演じるのは、東京中央銀行で取締役を務める大和田。もともとは常務だったが、前作のラストで半沢に不正を暴かれ、バンカー生命を絶たれそうになるが、頭取の中野渡謙(北大路欣也)派へと鞍替えし、行内融和を掲げる中野渡を盛り立てる形で“ヒラ取”として銀行に居残った。出向先から東京中央銀行へと戻った半沢を帝国航空再建の担当者に推薦した張本人で、半沢とは依然敵対関係にあるが、今作では利害が一致することも多く、2人が“共闘”する機会も見られる。

 生放送後、ツイッターを更新した香川は「生放送が無事に終わりました」と報告。しかし「とはいえ…もしものためにと持参していたヘッドは、ついに登場せず(泣)」とカマキリ先生の衣装を持参したものの、披露する機会がなかったことを残念がった。

 無念を晴らすべく「そこで生放送直後に、この無用の長物を無念の装着。アイコン画像にアップいたします」と、スーツ姿でカマキリ先生のヘッドを装着した写真をアイコン画像に変更。続けて「9月6日は、大和田=カマキリ先生の合体記念日でございます。どうぞカレンダーにお記しくださいww」と提案し、フォロワーたちを沸かせた。

 このツイートは大きな反響を呼び、リプ欄にもファンからたくさんの返信が寄せられた。カマキリ先生のヘッドを持参していたことに「ヘッド持参ww」「用意してたんですかww」「持ってきてたのか」などのツッコミもあったが、「可愛すぎますカマキリ、、、着けて欲しかったです、、」「カマキリ先生見たかったです。笑」「ヘッド装着見たかったー」と熱い要望も少なくなかった。

 生放送で披露することはなかったが、大和田とカマキリ先生が合体したアイコン画像の写真は「きゃー!!ありがとうございます!この姿見たかったヤツです」「カマキリ常務!」「もう大和田常務なのかカマキリ先生なのか」と好評だ。出演番組の放送に合わせてアイコン画像を変更し、フォロワーを楽しませている香川だが「ずっとこのままで!どちらのファンも喜びます」といったリクエストもあった。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む