記事詳細

コロナ陽性判明のおぎやはぎ矢作“新しいケース もう治っている”発言に反響…ツイ民「信じていいのかな?」「毎日発表している数字って何?」

更新

矢作兼 1/1枚  3日深夜に放送されたTBSラジオ「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・0)で新型コロナウイルスに感染したことを明かしたお笑いコンビ、おぎやはぎの矢作兼(48)。矢作が「陽性なんだけど、新しいケースなんだよ。オレ、もう治っているのよ」と発言したことがネットで大きな反響を呼び、論争を巻き起こしている。「ん!?どーいう事!?」「もうコロナ接触における、危険と安全の線引きがわけわかんないんだけど」と多くのネットユーザーがさまざまな疑問を抱いたようだ。

<< 下に続く >>

 矢作は8月27日放送の「-メガネびいき」も体調不良で欠席。微熱があったため抗原検査を受け陰性だったが、今月3日にPCR検査を受けて、陽性だったと判明。番組に電話出演した矢作は「新しいケースなんだよ。オレ、もう治っているのよ」と語り、医師から聞いた話として、PCR検査は感度がよく、死骸のウイルスもキャッチしてしまうためと説明した。矢作は入院などの準備を進めたが、保健所の人から「体調が戻ったんですか」と言われ、即日解除ということになったという。矢作は「オレにはもう感染能力がない」と語った。今冬のインフルエンザとの同時流行などに備えた新型コロナの新たな対策が8月28日に発表された。無症状者や軽症者は入院対象から外され、医療体制の逼迫(ひっぱく)を回避するため、無症状者と軽症者は宿泊施設や自宅での療養が中心に。

 矢作は「新しいケース」としたが、矢作だけのケースではないはずと思ったネットユーザーも多く、「検査しなけりゃなんの問題もなかったケース」とみる人がいる一方、「全く意味がわからないのだが、これで大丈夫なんだろうか?本当に判定に問題がないのか不安になってくるケース」と感じた人も。「もう全然わからんね。指定感染症から外せって意見もさもありなん」という見解や、「陽性で隔離された人の何割かは、過去にもいたのでは?」と考える人もいた。

 日々のニュース速報などでは、どうしても新規感染者の数ばかりがクローズアップされる傾向にあるが、矢作の今回のケースを踏まえ、「コロナの死骸で陽性反応出るって今まで、マスコミが毎日発表している数字って何? となる」「PCRは感度が良くなっているのでコロナの死骸にも反応すると こんなので毎日『新規感染者○○人!』ってやってんだよ ヤレヤレ」と疑問視する見方も相次いだ。また、「ウイルスは生物じゃないから、死骸っていう表現はやめてほしい。その方が一般的にわかりやすいけど、せめて記事では不活化とか注釈付けて

欲しかった」という“伝え方”に対する注文も見受けられた。

 矢作は前日の2日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。同番組では初期の腎細胞がんで療養していた相方の小木博明(49)も仕事復帰を果たしたばかり。関係者によると、「バイキング」では感染防止策を徹底しており、濃厚接触者はいないと報じられている。しかし、矢作の言動に対しては、感染拡大を懸念するツイッターのユーザーなどから、もう少し自宅で待機した方がいいのでは、といった意見も見られた。

 東京都世田谷区が打ち出した「いつでも、だれでも、何度でも」検査できるようにする取り組みを契機に、感染の有無を調べるPCR検査の在り方が注目されたが、矢作の“新しいケース”でもネットユーザーの間で再び論争に。「陽性反応出たからって必ずしも現在発症してるわけでもなく、感染したことに気付かずいつの間にか治ってる程度の症状もあるんだ」と認識した人がいる一方で、「無症状で陽性、体調悪くならない、でもウィルスは出てる、周りは感染したのか、周りも無症状で体調大丈夫なのか」と不安感を抱き、「そういうことを教えて欲しい」と訴える声も出ている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む