記事詳細

令和に「サンバルカン」トレンド入りでネット「何で今?」 その答えに…「乃木坂の影響力すごいな」

更新

齋藤飛鳥 1/1枚  31日、ツイッターのトレンドに昭和の特撮ドラマ「サンバルカン」が入る事態が起こり、「何で今?」「令和の時代に?」などと、SNSがザワつく一幕があった。

<< 下に続く >>

 サンバルカンとは、1981~82年にテレビ朝日系で放送された“スーパー戦隊シリーズ”。鷲、鮫、豹の能力を持った3人の戦士(バルイーグル、バルシャーク、バルパンサー)が、地球征服を企む悪の組織と戦うヒーロードラマで、正式名称は「太陽戦隊サンバルカン」という。

 今から39年前に放送されたこの作品がトレンドりする事態に、SNSは騒然。ツイッターには「なんでサンバルカンがトレンドやwww」「サンバルカンがトレンドって何があったし」「令和なのに昭和な『サンバルカン』がトレンド入りしているとなw」などのコメントが並び、その理由について知りたがるネットユーザーが続出した。

 その答えは、30日深夜に放送されたバラエティー番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系)での一コマだった。人気アイドルグループ、乃木坂46の冠番組だが、この日、番組内で“エース”の齋藤飛鳥が「バルシャーク」の決めポーズに挑戦。そのキレのよさやキュートさがネットで話題となり、トレンドに入ったというわけだ。

 番組には乃木坂46の「公式お兄ちゃん」こと、バナナマンの2人も出演しており、日村勇紀はこれまでも番組内でバルシャークのポーズを何度か披露してきた。そのたびに、日村のシュールな格好と、サンバルカン自体を知らないメンバーのリアクションが話題となり、ネットで乃木坂ファンが大喜びしてきた。

 この日は「いまさら聞けない 乃木坂46のルール」という企画が放送され、斎藤が日村に対し「(バルシャークのポーズをメンバーは)どう見るのが正解なのか?」と問いただした。

 ここで日村が「まずやってみよう」と切り出し、バルシャークのポーズを再現。片足で立ち、両足の角度を直角に保ちながら上半身を地面と平行にさせ、両手を水平に広げるあのポーズを斎藤らに見せつけた。キョトンとするメンバーに対し、さらに日村はバルイーグルとバルパンサーの決めポーズも実践。スタジオを大爆笑させた。

 この流れで、設楽統から「(日村の)気分を味わってほしい」と無茶ぶりされた斎藤がバルシャークのポーズにチャレンジすることに。齋藤はいやいやながらも、日村からアドバイスを受け、キレのあるポーズを決めた。その姿に設楽は「意外といいね」などと太鼓判を押した。

 サンバルカンを知らないながらも、バルシャークのポーズを決めた斎藤を多くのファンが絶賛。ツイッターには「綺麗なバルシャーク!!」「飛鳥ちゃんのバルシャークポーズくっそ笑ったwww」「日村さんのレクチャーで決めポーズをするという。齋藤飛鳥さんのバルシャークは完璧です」「さすが乃木坂 さすが齋藤飛鳥」などの書き込みが殺到した。また、齋藤の後ろでメンバーの星野みなみがとったポーズについて触れる視聴者もおり、「後ろでなぜかバルパンサーになってる星野みなみちゃん」というツイートも見られた。

 この流れを知り、多くの特撮ファンがサンバルカンのトレンド入りを理解。SNSには「なるほど」という投稿が並んだ。なかには「何でサンバルカンがトレンド入りと思ったらさすが同世代日村さん それに乃木坂が絡めばそうなるか」と納得する声や、「乃木坂の影響力すごいな」「乃木坂パワーすごい」などと乃木坂46の影響力の大きさに驚くコメントも少なくなかった。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む