記事詳細

「半沢直樹」の次は妻夫木聡×東野圭吾「危険なビーナス」 ネットの声「絶対見る」 ヒロインは…「桐谷美玲ちゃんのイメージ」「吉高ちゃん?」

更新

妻夫木聡 1/1枚  俳優の妻夫木聡が10月スタートの連続ドラマ「危険なビーナス」(TBS系、日曜後9時から)で、16年ぶりに「日曜劇場枠」の主演を務めることが20日、サンケイスポーツなどによって報じられ、ネットが盛り上がった。同日朝、ヤフーのトレンドランキングでは「妻夫木聡」が上位に入り、放送を楽しみにする視聴者らの書き込みが相次いだ。

<< 下に続く >>

 ドラマは人気作家の東野圭吾氏の同名傑作ミステリーが原作。「弟の妻」を名乗る謎の美女から弟の失踪を聞かされた獣医の手島伯朗(てしま・はくろう)が、美女に翻弄されながら30億円の遺産をめぐる謎に挑む物語だ。

 東野氏の小説が同枠でドラマ化されるのは2010年の「新参者」(主演・阿部寛)以来10年ぶり。脚本は昨年10月期に放送された「グランメゾン東京」(主演・木村拓哉)などの人気作を手掛けた黒岩勉氏が担当する。魅力的な登場人物や緻密なトリックに加え、ラストの大逆転が見どころとなる。

 妻夫木が同局で主演を務めるのは04年の「オレンジデイズ」以来16年ぶりで、サンスポによると「16年前の自分に負けないように、今年40歳となる自分自身のできることを、このドラマの中で体現していけたら」とコメントしている。

 この一報を受け、ネットも大盛り上がり。「東野圭吾×妻夫木聡」というコラボにSNSには「東野圭吾作、妻夫木聡主演というだけで観たくなる。ドラマがスタートする10月が、もう楽しみになって来た」「東野圭吾×妻夫木聡 はい。絶対見るー」「半沢直樹の後番組でプレッシャーもあると思いますが、妻夫木さんの獣医役とても楽しみにしてます」などの声が寄せられた。また、ドラマのキーマンとなるヒロイン役についての書き込みも目立ち、早くも「楓は誰が演じるのだろう?」「楓は桐谷美玲ちゃんのイメージなんですが誰がやるのかな!?」「楓は吉高(由里子)ちゃん??!!」などと予想合戦も白熱している。

 東野氏といえば、これまで数々の作品がドラマや映画などで実写化され、その多くが大ヒットを記録。「危険なビーナス」のドラマ化に東野ファンからも「10月までにはもう一回読み直そうかな」「朝起きたら嬉しいニュース!俺の好きな東野圭吾の連ドラ楽しみです!」といった声もあがっている。

 一方、今回の報道で目立ったのは、妻夫木の年齢に関する感想だ。彼の見た目の若さに驚く声は多く、ネットには「もう、40歳ですか…そっちの方が驚きです」「良い意味で変わらないですね妻夫木さん。40代とはビックリです」というコメントも寄せられた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む