記事詳細

生駒里奈のゼクシィ表紙に「美しい」の声 「買ったところで…笑」購入はハードルが高い?

更新

「ゼクシィ国内リゾートウエディング」で表紙を飾った生駒里奈 1/1枚  元乃木坂46で女優の生駒里奈(24)が20日発売の結婚情報誌「ゼクシィ国内リゾートウエディング」の表紙を飾る。19日、表紙やアザーカットが公開されると、SNSやネット掲示板で話題を集めた。

<< 下に続く >>

 同誌の表紙が決まったとき、「ついにゼクシィの表紙か!」と思ったという生駒は、チュールやシースルーをあしらったウエディングドレスなど、全部で3パターンを披露。表紙では屋外で青空をバックに、純白のウエディングドレスを着こなした。また、結婚観について「30歳までに(結婚したい)」「(結婚式では)髪の毛を腰くらいまでのロングにするのが夢です」などと明かしている。

 表紙写真などが公開されると、ツイッターには「生駒ちゃんのウエディングドレス 美しい…」「ゼクシィの生駒ちゃん めちゃくちゃ可愛いな」「生駒ちゃんゼクシィの表紙飾ってんだけど天使かよ…可愛すぎる…」などの声が殺到。「喋らせると芋っぽいけど抜群の透明感の塊みたいな子が、透明度はそのままに本当に綺麗なお姉さんに成長したとおもうと うわああん」というように、乃木坂46のメンバーとしてデビューした頃からぐっと大人っぽくなり、美しさが増したという感想を抱くファンも多く見られた。

 また「生駒ちゃんが結婚を語る年齢になったんだなぁ(しみじみ)昔の赤ちゃんみたいな生駒ちゃんはもういないんだよね。ちょっとだけ寂しかったりする」「当たり前だけど生駒ちゃんも結婚を考えてるよねえそりゃ 嬉しいような寂しいような」などと感慨深げにつぶやくファンも。ウエディングドレスということもあってか「生駒ちゃんがこれを着るようになったか(泣)お母さんのような気持ちで見守ります」との書き込みも確認できた。

 同誌といえば「プロポーズされたら、ゼクシィ」のキャッチコピーで知られるため、「生駒ちゃんがゼクシィ 私も適齢期だからゼクシィ買うか…?笑」「買いたいけど、買いたいけど!買ったところで…笑」「『ゼクシィなんておっさんにはハードル高い』とか散見しましたが、オバさんにもハードル高いわw」など、結婚式の予定がないという理由で購入に抵抗感を示すファンも少なくない。なかには「ゼクシィを…がんばって買おう!!笑」と意気込む人もいた。

 そんな人たちの背中を押すように「ゼクシィはさ、ウエディングプランナーなどのウエディング業界の職を目指す人には教材のひとつなのです。だから結婚の予定もない人でも買うものなのです。なので、みんな!堂々と購入しましょう」と呼びかける投稿もあった。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む