記事詳細

金爆・歌広場淳がコロナから復活 メンバーも再びPCR検査「陰性」でファン安心「本当によかった」

更新

歌広場淳さん 1/1枚  新型コロナウイルスに感染したビジュアル系エアーバンド、ゴールデンボンバーの歌広場淳がPCR検査で「陰性」の結果を受けたことが17日、グループの公式サイトなどで発表された。歌広場もツイッターを更新して療養期間の終了を伝えると、ファンを中心に回復を喜ぶ声が広がった。

<< 下に続く >>

 グループの公式サイトでは、歌広場について「8月5日以降、発熱・味覚異常などの症状が出ることなく、医療機関及び保健所の指導による隔離期間を終了いたしました」と報告。14日に再度PCR検査を受け、16日に陰性の結果が出たという。

 また、保健所は仕事現場での濃厚接触者はいないと判断したが、メンバーの鬼龍院翔、喜矢武豊、樽美酒研二も14日に再度、PCR検査を実施。3人についても、17日に陰性という結果が出たと伝えた。

 歌広場本人もツイッターで「コロナの件で皆様には大変ご心配をおかけしました」と詫(わ)び、「4日に発熱がありましたが、以降は平熱で、重症化することもなく療養期間を終えることができました」とこれまでの症状とともに回復を報告。「皆様の励ましに本当に救われました」と感謝を示し、「コロナの脅威が一日も早く終息しますように!」と願った。このリツイートのリプ欄には「本当によかったです!また元気な姿観れるの楽しみにしてます~!!」「安心しました ツイートありがとうございます!!」「じゅんじゅんお帰りなさい!!」「まだ油断はできないけど淳くんのペースでゆっくりとお仕事に戻ってくださいね」など、歌広場の無事を喜ぶファンのメッセージが相次いだ。

 また、メンバーも再び、14日にPCR検査を受けたことも注目され、ファンからは「他のメンバー皆様も陰性でよかったです」「メンバーさん3人も再度検査をされて陰性ということで本当に安心しております」「メンバーさん達も陰性だそうで……何回もPCR検査を受けてる皆さんの慎重さには本当に頭が下がります」などと安堵(あんど)の声が広がっている。グループの公式サイトによると、鬼龍院、喜矢武、樽美酒、マネージャーは、歌広場が発熱した翌日となる5日に自費でPCR検査を受診。6日に陰性という結果を受けた。

 歌広場は、4日に体温を計測した際、37.5度の熱があり、4日以降予定していた仕事をキャンセル。病院の指導のもと5日にPCR検査を受け、6日に感染が明らかになった。5日以降は発熱・味覚異常などの症状が出ることもなく、11日にはツイッターで「平熱をずっとキープしてます」と伝えていた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む