記事詳細

山下達郎、自身初のライブ映像を配信、妻・竹内まりやもコーラス参加

更新
サンケイスポーツ

氣志團万博で歌う山下 1/1枚  歌手、山下達郎(67)が30日、自身初のライブ映像を配信した。高音質動画配信サービス「MUSIC/SLASH」のこけら落としとして行ったもので、45年のキャリアを誇るがライブ映像はDVD化されておらず、ファンにとっては貴重な機会となった。この日は、2017年に雨の中で出演した「氣志團万博」や18年に京都の老舗ライブハウス・拾得(じっとく)で行ったアコースティックライブなどの映像から全15曲を公開した。

<< 下に続く >>

 「氣志團万博」では「あいにくの天気ですが、台風がなんぼのもんじゃい。雨、風上等」と“達郎節”であいさつ。「昨年(16年)、一番聞いた曲は『幸せにしかならねーから』で、300回くらい聞きました。いい曲です」と自身が“隠れ氣志團ファン”であることを明かしている。

 このライブでは、重く沈んだ天候を考慮して当初の予定のバラードをポップな曲に変更。「BOMBER」や作曲を務めたKinKi Kidsのデビューシングル「硝子の少年」で会場を盛り上げた。山下は「また出していただけたら、と思います」と再出演をファンに誓い、最後は「さよなら夏の日」で締めくくった。

 「アトムの子」「恋のブギ・ウギ・トレイン」では、妻でシンガーソングライターの竹内まりや(65)もコーラスとして参加した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む