記事詳細

NHK朝ドラ「エール」に井上順登場でSNS大盛り上がり!「若い!」「それは夜のヒットスタジオ」「ザ・スパイダース、勝利!!」

更新

 NHK連続テレビ小説「エール」第58話が17日、放送され、俳優の井上順演じる木下一が登場。井上のダンディーな演技に視聴者が沸き、同日、ツイッターで「井上順さん」がトレンドに入るなど、ネットも大盛り上がりとなった。

<< 下に続く >>

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、妻の音を女優の二階堂ふみが演じる。

 第12週(56~60話)は、オムニバス形式の5話が放送される特別ウイーク。第58話のサブタイトルは「古本屋の恋」で、古山家の近くにある喫茶店「バンブー」の店主、梶取保(野間口徹)と妻の恵(仲里依紗)の馴れ初めが描かれた。

 10年ほど前、保は亡き両親の跡をついで、東京・神田で古本屋を営んでいた。人付き合いが苦手で外にも出たがらない保だったが、ある日、客として店を訪れた恵と話をしてから、彼女がやって来る木曜日を心待ちにするようになった。

 井上演じる木下はスリーピースのスーツにハットという出で立ちが似合う紳士で、保の古本屋の常連客。木下は自分の殻に閉じこもっている保のことが気になってしようがなかった。

 そんな保が恵に好意を持っているのは明らかだったが、3カ月経っても2人の関係に進展はなかった。しかし、木下が連れてきた親戚の子供の登場で事態は一気に動き出す。大人顔負けの絶妙なアドバイスを送るその子供とは、裕一の小学生時代の同級生、佐藤久志(山口太幹)で、久志の助言により思い切った行動に出た保はついに恵のハートを射止めたのだ。

 第58話は全体的に心温まるストーリーだったが、ネットは井上の登場に歓喜。とくにそのダンディーなたたずまいに多くの視聴者が反応し、SNSには「今朝の『エール』井上順さんがとにかくカッコ良かった…」「『上品でお金持ちそうなおじさん』役がハマりすぎる安定の井上順」「帽子が似合うオシャレな感じが、彼のイメージにピタリと合っているね!」「あー井上順さんだ!お変わりない、にこやかにダンディ!」などの書き込みがズラリと並んだ。

 また、「井上順さんアメイジング!!ほんとそれ。私が小学生くらいから変わらん気がする」といった書き込みも目立ち、「若い!変わっていない!」「井上順さん変わらない!」と井上の容姿を絶賛するツイートも多かった。

 後続する情報番組「あさイチ」(NHK総合)のオープニングでも井上の若さは話題となり、進行を務める博多大吉が「井上順さんのお変わりのなさ!横から芳村真理さん出てきそうでしたね!」などとコメント。するとこの発言に“昭和世代”のネットユーザーが敏感に反応し、ツイッターには「横から芳村真理さんwそれは夜のヒットスタジオ」というツッコミが入った。さらには「井上順と芳村真理…って若いなあ。大吉先生 井上順の横には堺正章です。GS世代ですので」「大河に堺正章、朝ドラに井上順。ザ・スパイダース、勝利!!」といったつぶやきも届き、SNSは朝から大盛り上がりとなった。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む