記事詳細

杏が離婚決意…別居中の東出昌大に不信感、子供のため躊躇も完全に吹っ切れた

更新
産経新聞

杏 1/1枚  夫の俳優、東出昌大(32)が起こした不倫騒動で別居中の女優、杏(33)が離婚へ向けて弁護士を立てたことが31日、分かった。東出が先月17日の謝罪会見で、杏と不倫相手の女優、唐田えりか(22)のどちらが好きかを聞かれた際、杏と答えなかったことで決心がついたようだ。関係者によると、杏は完全に吹っ切れて周囲に明るく振る舞っているという。復縁を望む東出だが、離婚の意思を固めた妻の気持ちを覆すのは並大抵ではない。

<< 下に続く >>

 杏が離婚に向けて歩き出していた。関係者によると、東出の謝罪会見が行われた先月17日よりも前に弁護士を立てていた。きっかけは2月中旬のある出来事が引き金になった。

 杏が外出先から帰宅したとき、2度目の不倫発覚で1月上旬に家を飛び出し、別居中だった東出が家の中にいたという。杏は驚き、激しい口論に。結局、東出は自宅の鍵を杏に渡して家を出ることになった。

 この出来事の前までは、テレビ電話で子供たちの声を東出に聴かせていた杏だが、前触れもなく帰宅した夫に不信感が募り、冷静な会話はできないと判断。弁護士を立てるに至ったという。

 その数日後の2月18日、杏は別居後初となる公の場で「今後のことはゆっくりと考えていきたい。何かありましたら、ご報告させていただきます」と発言していた。

 さらに、約1カ月後の3月17日に開いた東出の謝罪会見が駄目を押したようだ。特に、杏と唐田のどちらが好きか質問が及んだ際、東出は数秒の沈黙後、杏とは答えず、「心の内をしゃべるのは妻を傷つけることになる」と発言。唐田に未練があるようにも受け取れた。

 東出の会見では、杏にとって事実と異なる発言が少なからずあったといい、「唐田と別れた」という言葉も信じられなくなったようだ。

 当初、杏は3人の子供のことを考えて、離婚を躊躇(ちゅうちょ)していたが、これらの出来事で完全に吹っ切れたようで、周囲にも明るく接している。14日に迎える34歳の誕生日も、新型コロナウイルス感染拡大防止を考えた上で、ささやかに誕生会を開くことを決めたという。

 一方の東出は弁護士を立てておらず、具体的な話し合いはこれから。よほどのことがない限り、離婚は加速しそうだ。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む