記事詳細

槇原敬之、異例逮捕の裏に「25年恋人」vs「新恋人」の恩讐

更新
ポストセブン

槇原の逮捕とパートナーだったA氏との関係は? 1/1枚  「2年前の容疑」で異例の逮捕となった歌手の槇原敬之(50才)。なぜいまなのか--。

<< 下に続く >>

 「槇原には25年にわたって連れ添ったパートナー・A氏がいました。恋人として、個人事務所の社長として、公私ともに槇原を支えていた。今回の逮捕にはそのA氏が関係しているのではないかという声があるんです」(芸能関係者)

 2月13日、槇原は覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された。現行犯ではなく、2018年3月に当時の自宅マンションで覚醒剤を所持していたというもの。槇原は1999年にも覚せい剤取締法違反で逮捕されていた。

 「1度目の逮捕のとき、Aさんも同時に逮捕されました。槇原さんはAさんと同居する中でドラッグを始めたそうで、逮捕時は『今後(Aさんとは)一切会わない』と誓っていました。しかし、わずか1年ほどで2人はヨリを戻し、2006年にAさんは事務所の社長に就任。切っても切れない間柄でした」(音楽関係者)

 だが、2人の明暗を分ける出来事が起こる。2018年3月、A氏が覚せい剤取締法違反で再び逮捕されたのだ。

 当時2人が同居していたマンションからは、槇原の指紋のついた覚醒剤の袋が押収された。しかし、証拠不充分と判断され、槇原は逮捕を免れた。実はその直前、槇原は意外な行動に出ていたという。

 「逮捕の数日前、Aさんは槇原さんに突然別れを切り出され、社長も解任されました。別れの原因は、槇原さんにBさんという新しい恋人が出来たことでした。槇原さんはBさんの写真を見せ“この人しか愛せない”と言い切ったそうです。Bさんはぽっちゃり体形で短髪にメガネ姿が印象的な30代のサラリーマン。ふたりは出会い系サイトを通じて出会ったそうで、今回の逮捕時まで同居していたそうです。その家はもともとAさんと住む予定だったとか。

 Aさんからすれば、槇原さんをBさんに奪われ、さらに逮捕までされた。どん底に落ちた気分でしょう」(槇原をよく知る知人)

 一方、B氏との出会いの後、槇原は芸能活動に対して精力的になった。2018年には2年ぶりにシングルをリリース、翌2019年には2枚のアルバムを発表した。同年10月にはデビュー30周年を迎えた。

 「ここ最近の槇原さんは絶好調でした。そんな中で、“2年前の容疑”がクローズアップされたのはなぜか? Aさんが警察に何らかの“協力”をした、と言う人までいます。この逮捕で槇原さんとBさんも簡易的な検査をしていますが、結果は“白”だそうです」(前出・芸能関係者)

 A氏に槇原の逮捕について聞くと「寝耳に水で驚きました。私は全く関係していません。むしろ、槇原は逮捕されないと思っていた」と、困惑して答えるのだった。

 いま、留置所でひとり何を思っているのだろうか。

 25年恋人と別れて新恋人との生活を選んだ矢先の逮捕。「もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」という心境か。

 ※女性セブン2020年3月5日号

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む