記事詳細

乃木坂46・斉藤優里「悲しみよりも達成感や喜びを感じた8年」 ラストステージで涙

更新

新曲「Sing Out!」発売記念ライブに出演した斉藤優里=横浜アリーナ 1/1枚  乃木坂46が26日、横浜アリーナで3日間行った新曲「Sing Out!」(29日発売)発売記念ライブの最終公演を開催。3月に卒業を発表した斉藤優里(25)がラストステージを踏んだ。

<< 下に続く >>

 アンコールではセンター曲「13日の金曜日」を熱唱。会場の約1万5000人に手紙を涙ながらに朗読し「悲しみよりも達成感や喜びを感じた8年でした」と感謝した。

 来月行われる初写真集「7秒のしあわせ」の発売イベントで卒業。今後は「また笑顔で会いましょう」とタレント活動の継続を示唆した。伊藤かりん(26)も今回の公演で卒業した。

 また、昨年7月に神宮球場と秩父宮ラグビー場で行われた2会場同時ライブの模様を収めたDVDが7月3日に発売されることも発表した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • google+
      • iza!を読む