記事詳細

徴用工判決で、紅白から「韓流」締め出し!? 受信料徴収にストレートに影響も

更新

 10月30日に韓国最高裁が示した元徴用工をめぐる「異常判決」がNHK紅白歌合戦にも大きな影響を与えそうだ。TWICEや防弾少年団(BTS)といった韓流アーティストの出場が取り沙汰されていたが、完全に締め出される可能性があるというのだ。

<< 下に続く >>

 徴用工判決をめぐっては、安倍晋三首相が「判決は国際法に照らし、あり得ない判断だ」と強い表現で批判し、河野太郎外相も韓国の李洙勲(イ・スフン)駐日大使を外務省に呼び付けて抗議するなど、国として受け入れられない姿勢を示す。

 この異常判決に頭を悩ませているのは、政府や一般企業だけはない。

 「これが年頭に出た判決なら、まだ困惑することはなかったかもしれません。判決の時期があまりにも近すぎて、批判がまだ熱い状態なので、韓流アーティストの起用は極めて厳しい」とNHK関係者がぼやく。

 近年、日本の音楽シーンでもTWICEやBTS、BLACKPINKなど韓流アーティストの活躍が著しく、「紅白でも数アーティストが候補に挙がっていました。しかし、この事態にすべてご破算になりかねない状況なのです」と音楽関係者はささやく。

 この音楽関係者は「先日、BTSのメンバーが着ていた“原爆Tシャツ”をめぐって、ネット上で猛バッシングが起きました。そこに紅白内定報道が出ると、一斉にNHKにもクレームが寄せられました。韓流アーティストの出場が決まると、さらに強いバッシングが起きかねない」とも。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • google+
      • iza!を読む