記事詳細

浅利慶太さんが残した功績 劇団四季構築も未曾有の演出

更新

劇団四季の浅利慶太さん死去の報道を受けて囲み取材に応じる鹿賀丈史(右)と市村正親 1/2枚  【芸能ニュース舞台裏】

 劇団四季の創設者で演出家の浅利慶太さんが亡くなった。85歳。日本の演劇史に残した功績は大だ。

<< 下に続く >>

 「浅利さんの名前は誰もが知っているし、劇団四季の名前も、上演作品『キャッツ』や『ライオンキング』も有名ですが俳優の名前はどれだけ知ってますか。所属俳優はチケットを売ったりアルバイトしたりする必要もなく、舞台に没頭できますが、役者として売れていく、というギラギラした感覚を味わえないと聞いたことがある」と元一般紙演劇担当記者。

 ウェブサイト記者は「公開リハーサルがあっても、囲み取材は一切ありません。俳優は文書でコメントを出すだけ。ちょっと独特。スターをあえて作らない感じで、作品の魅力と劇団の営業努力でチケットがさばけるのはすごい」

 作品もさることながら劇団四季というシステムを構築したことも、浅利さんの未曽有の演出だった。

写真一覧

  • 浅利慶太さん(2004年撮影)

注目ニュース

    アクセスランキング

    iza! ソーシャルメディア公式アカウント

    • twitter
    • facebook
    • google+
    • iza!を読む