政府が追加経済対策検討 回復二極化、広がる格差 現状支援は不十分

フォト

  • 品川駅の通勤客=8日午前、東京都港区(酒巻俊介撮影)
    品川駅の通勤客=8日午前、東京都港区(酒巻俊介撮影) 更新

 政府・与党が新たな経済対策の検討を始めるのは、新型コロナウイルス感染拡大に見舞われた日本経済の中で、回復が先行する製造業や株高の恩恵に浴する富裕層と、苦境が続く非製造業や中小企業、困窮世帯との二極化が鮮明だからだ。1月成立の令和2年度第3次補正予算は新型コロナの感染収束後に重点を置き、足元の景気浮揚効果は乏しく、追加対策で十分な支援が届かない人々にどう手を差し伸べるかが問われる。

注目ニュース

    iza! ソーシャルメディア公式アカウント

    • twitter
    • facebook
    • iza!を読む
    ×