記事詳細

経団連会長会見中止、治療の副作用で倦怠感

更新
産経新聞

経団連の中西宏明会長 1/1枚  経団連は19日、同日午後に予定していた中西宏明会長の定例会見を急遽(きゅうきょ)、中止した。久保田政一事務総長は中止の理由について、中西氏が「リンパ腫の治療の最終ステージ段階で、副作用による倦怠(けんたい)感が出ているため」と、体調不良が理由と説明した。

<< 下に続く >>

 中西氏は昨年7月に再発したリンパ腫のため入院中。今月5日の会見では、「治療の最終コースを終えて、普通だったら退院になる」と語り、治療終了は近いとの考えを示していた。

 久保田氏は「抗がん剤治療の数週間後に、副作用の反応がでることがあり、今回もそういった状態だ」と語った。さらに、中西氏の「退院時期は不透明になった」としている。

 中西氏の会見中止は、昨年9月以降6回目となる。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×