記事詳細

ルネサス生産再開 茨城の工場、火災1カ月

更新

火災が発生したルネサスエレクトロニクス那珂工場=茨城県ひたちなか市 1/1枚  半導体大手のルネサスエレクトロニクスは17日、火災のあった那珂工場(茨城県ひたちなか市)の生産ラインを再開した。3月19日の火災から1カ月以内とした再開目標を予定通り達成した。今後は火災前の出荷水準に戻すため、焼損したほかの製造装置の調達を進めて工場の完全復旧を急ぐ。柴田英利社長兼最高経営責任者(CEO)が19日に記者会見して復旧状況を説明する。

<< 下に続く >>

 複数の工程がある半導体の製造では、出荷までには一定期間を要する。ルネサスは3月30日時点で、4月下旬に在庫が切れて1カ月半~2カ月間は供給が滞ると説明していた。半導体は自動車向けを中心に世界的に需給が逼迫しており、生産が再開しても予断を許さない状況だ。

 ルネサスは今月9日、半導体製造に使うクリーンルームの清掃を終えた。焼損を免れた製造装置に異常がないかを確認するなど、生産再開の準備を進めていた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×