記事詳細

鳥取・境港にクルーズ船新ターミナルで初

更新

 鳥取県境港市の「境夢みなとターミナル」に入港するクルーズ船「飛鳥II」に手を振る人たち=16日午前 1/1枚  鳥取県境港市の境港に新設された貨客船の発着場「境夢みなとターミナル」に16日朝、クルーズ船「飛鳥II」が入港した。昨年4月の供用開始から貨客船の寄港は初めて。昨年は旅客船の寄港が42回予定されながら、新型コロナウイルスの影響で全てキャンセルされた。

<< 下に続く >>

 入港を歓迎する行事を小規模で開催。地元の民謡と踊りが披露され、市内の観光名所「水木しげるロード」から着ぐるみの鬼太郎らが駆けつけた。同港へのクルーズ船寄港は約1年5カ月ぶり。

 感染防止のため、約180人の乗客が下船する際には検温を実施し、サーモグラフィーで37・5度以上の人には外出自粛を要請する方針。約400人の乗組員は船内にとどまった。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×