記事詳細

「説明の場設ける」とJR リニア水問題で静岡の大井川流域市町に回答書

更新

 リニア中央新幹線静岡工区をめぐりJR東海は15日、大井川への影響を懸念する静岡県内の流域10市町からの要望に対し、会社としての見解を流域市町に説明する場を設けたいと明らかにした。金子慎社長名で、10市町あてに回答書を提出した。

<< 下に続く >>

 回答書で同社は「トンネル掘削の着工には、流域のみなさまの理解と協力をいただくことが前提」と明記。国の有識者会議の議論を踏まえて「適切な段階で流域市町への説明の機会を設けたい」とした。

 10市町は同社に3月20日に要望書を提出。流量減少などのリスクや対策を分かりやすく説明し、水資源の確保と自然環境の保全に万全を期すよう求めていた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×