記事詳細

柏崎刈羽原発「運転禁止」命令 地元・新潟で高まる東電への不信

更新

東京都内で開かれた原子力規制委の定例会合=14日午前 1/1枚  東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)の核物質防護不備をめぐり、原子力規制委員会が核燃料の移動を禁止する是正措置命令を正式決定した14日、地元では東電への不信感を背景に命令を妥当と評価する声や、規制委の今後の検査に注文が相次いだ。

<< 下に続く >>

 自民党新潟県連の小野峯生幹事長は「命令自体に異議はないが、そもそも東電が原発を運転する適格性がないというのが県民の総意だ」とした上で「規制委には今後の検査で適格性に関してしっかり評価してほしい」と付言した。

 一方、柏崎市の桜井雅浩市長は取材に対し「仕方がない」とした上で、価値を認めると明言してきた6、7号機の再稼働が遠のくことへの懸念を口にした。花角英世知事は「原子力規制庁から当座の処分と聞いており、これから検査が行われ最終的な判断があると理解している」と述べた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×