記事詳細

東芝株、一時7%超上昇 買収に思惑、混乱懸念も

更新

東芝本社が入るビルの前の報道関係者=14日午前、東京都港区 1/1枚  14日午前の東京株式市場で東芝株が大幅に上昇し、上げ幅は一時7%を超えて今年の高値を更新した。英投資ファンドの買収提案に加え、他の海外ファンドも買い付けに乗り出すとの思惑から短期的な資金流入につながった。一方、経営混乱を懸念する見方もあった。

<< 下に続く >>

 「買収価格がつり上げられるとのイメージが広がった」と国内証券関係者。ファンドが株式公開買い付け(TOB)に踏み切れば高く引き取ってもらえると読み、事前に東芝株を確保しておこうとの意識が働いた。

 一方で東芝の幹部らの内部対立が伝わり、経営の先行きを危ぶむ売り注文も交錯した。売買代金は東証1部で突出して大きかった。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×