記事詳細

ニトリのファミレスに驚きの声続出「知らなかった!」「めっちゃ気になる」

更新

ニトリが運営するレストラン「ニトリダイニング みんなのグリル」(同社提供) 1/3枚  家具・日用品大手のニトリが運営するレストラン「ニトリダイニング みんなのグリル」が13日、日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・0)で紹介され、ネット民から「普通に行きたい」「全国展開して欲しい」などと大きな反響を呼んでいる。

<< 下に続く >>

 ニトリは3月18日に「みんなのグリル」の1号店(環七梅島店)を、東京都足立区にオープンした。公式サイトでは「お子様からご年配の方、お一人様まで幅広い方々に気軽に足を運んでいただけるお店をつくりたい、という思いから生まれた【みんなのグリル】です」とアピールしており、同社のキャッチコピーである“お、ねだん以上!”のメニューを取り揃えているという。

 ネット上のメニュー表によると、一番人気のチキンステーキ(240グラム)が500円(税込み、以下同)、リブステーキ(150グラム)が990円、キッズプレートが450円、パンケーキにアイスクリームを乗せたラズベリーソースダッチベイビーが200円。追加で350円を払えばサラダバー、スープとライスがお代わり自由となり、テイクアウトに対応したメニューもある。

 同番組では、インテリアを手掛ける同社がファミレスに進出した理由として、外食事業部の「衣食住のサービスを通じて地域の皆様に喜んでもらいたい」とのコメントや、すでに展開中のアパレルブランド「N+」を紹介。同社がステーキ店チェーン「いきなり!ステーキ」3店舗をフランチャイズで運営してきた経験を今回のファミレス事業に生かしていることや、メニュー数を10品程度に絞ることで業務の簡素化やコストダウンを実現していることを伝えた。

 放送終了後からネット上で注目を集め始め、ヤフーのリアルタイム検索に「ニトリのファミレス」がランクイン。ネット民からは「知らなかったー!!」「ニトリのファミレス気になる!」「早く全国展開して欲しい」などの声が数多く寄せられている。

 ニトリの多角的な事業展開に「『お値段以上』のブランドイメージを築き上げてきたニトリの飲食進出は、生活者にとっても分かりやすくて期待値が高いのでは!」「ニトリの服屋とか衣食住全部揃うじゃん」などと歓迎するコメントが相次いでおり、「公式見てみようとしたらアクセスできない笑 アクセス集中してるのかな?」と多くのユーザーが高い関心を示している。

 看板メニューのチキンステーキやグラタンが500円で食べられることから、「ワンコイン以内で食べられるなら学生さんにも優しい値段!」「おいしそう。ダッチベイビー食べたい!」との声や、「行ったらレポ待ってまーす」とユーザーからの食レポを心待ちにする人も散見される。

 一部ユーザーからは、「値段もたいして安くないうえにメニュー少ないのってファミレスとしてはあまりうけないのでは。それならファミレスにしないでハンバーグ屋さんとか、絞ってやったほうがいいような」「メニューが少ないとリピーターになりにくいと思うけど」といった意見もあった。

 なお、今月27日には神奈川県相模原市に2号店(相模原店)をオープンする。

写真一覧

  • ニトリが運営するレストラン「ニトリダイニングみんなのグリル」(同社提供)
  • ニトリが運営するレストラン「ニトリダイニングみんなのグリル」(同社提供)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×