記事詳細

近鉄百貨店、6年ぶり赤字

更新

 近鉄百貨店が12日発表した2021年2月期連結決算の純損益は49億円の赤字(前期は32億円の黒字)となった。通期で赤字となったのは15年2月期以来6年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大を受けた臨時休業などによる来店客の減少が響いた。

<< 下に続く >>

 売上高は前期比23・0%減の2183億円となった。店舗休業に伴って約20億円を特別損失に計上。20年6~8月期以降は郊外店で生活必需品の販売が好調だったほか、インターネット通販が下支えし、想定よりも赤字額は縮小した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×