記事詳細

3月ビール類、2社微減 「第三」や業務用苦戦

更新

 ビール大手4社が12日発表した発泡酒や第三のビールを含むビール類の3月の販売実績は、2社が前年同月比で微減となった。新型コロナウイルスに伴う一部地域での緊急事態宣言の再延長で業務用が厳しかったほか、昨年10月の酒税法改正で増税となった第三のビールで苦戦が目立った。

<< 下に続く >>

 ビール類の販売数量は、キリンビールが3%増で、サントリービールは前年並み。サッポロビールが1%減、アサヒビールは売上金額ベースで2%減だった。

 飲食店向けのたるや瓶商品は苦戦が続く一方、健康を意識した糖質オフ・ゼロの缶商品は支持されている。減税となったビールを中心に家庭向けの缶商品は好調だった。

 キリンの広報担当者は「市場では減税のビールが好調で、増税となった第三のビールが苦戦している」と説明した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×