記事詳細

米アマゾン、労組結成否決へ 倉庫従業員投票、反対多数

更新

 米インターネット通販大手アマゾン・コムの南部アラバマ州の物流倉庫で、労働組合結成の賛否を問う従業員による投票は9日、反対が多数となり、否決される見通しとなった。米メディアが伝えた。結成されれば米拠点で初となり、こうした動きが波及する可能性もあるとして注目されていた。

<< 下に続く >>

 新型コロナウイルスの影響でネット通販の需要が高まる中、一部の従業員は作業量の多さなど過酷な労働環境への不満を訴え、改善に向けて団体交渉の必要性を強調していた。一方、会社側は報酬や福利厚生は既に整っていると説明し、従業員に反対票を投じるよう呼び掛けていた。

 物流拠点の従業員は約5800人。投票は2~3月に郵便投票で行われた。(共同)

写真一覧

  • アマゾンのロゴ(ロイター)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×