記事詳細

日本電産が欧州に新工場

更新

 日本電産は9日、車載用モーターやインバーターの新工場をセルビアに建設すると発表した。脱ガソリン車の流れが加速する欧州で今後10年間に約2千億円を投じ、電気自動車(EV)向けモーターのシェア拡大を狙う。セルビアを欧州最大の生産拠点と位置づけ、注力する中国と並ぶ規模に成長させる。

<< 下に続く >>

 関潤社長はオンライン記者会見で「再生可能エネルギーが安く手に入り、電動化で先頭を走る欧州に追従するのは重要だ」と述べた。日本電産は現在、EVの駆動用モーターを中国で生産している。2030年に世界シェアを40~45%に高める目標を掲げており、欧州新工場の建設で実現に道筋を付けたい考えだ。

 セルビア工場は22年半ばに完成予定。立ち上げ当初はハイブリッド車用モーターなどを生産し、徐々にEV向けも増やす。敷地面積は約9万6千平方メートル、約1200人を現地で雇用する。

 日本電産は18年にもフランスの自動車大手グループ旧PSA(現ステランティス)とEV向けモーターに関わる合弁会社を設立し、生産に向けた準備を進めている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×