記事詳細

中国卸売物価4・4%上昇 3月、原材料が高騰

更新

 中国国家統計局は9日、3月の工業品卸売物価指数(PPI)は前年同月比で4・4%上昇したと発表した。3カ月連続のプラスで、上昇率は前月から2・7ポイントの急拡大となった。

<< 下に続く >>

 国際的な原材料価格の高騰が響き、金属やエネルギー関連の値上がりが目立った。中国は新型コロナウイルス流行で打撃を受けた経済の回復が顕著だが、生産コストの上昇が今後の課題となりそうだ。足元では、中国の需要拡大を背景に、原油や鉄鉱石、銅などの国際価格が上昇している。

 同時に発表した3月の消費者物価指数(CPI)は0・4%上昇し、3カ月ぶりにプラスに転じた。交通や医療関連が上がっている。高騰が社会問題となっていた豚肉の価格は下落した。(共同)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×