記事詳細

米、主要国にコロナ対応で財政出動要請

更新

5日、ホワイトハウスでの会合に出席するイエレン米財務長官(ゲッティ=共同) 1/1枚  イエレン米財務長官は8日、新型コロナウイルス禍からの世界経済の景気回復を確実にするため「主要国は早期に(支出拡大を)打ち切らず、多額の新規財政支援を行うべきだ」と要請した。米国は追加経済対策に続き巨額インフラ投資を計画しており、各国にも協調した財政出動を求めた。

<< 下に続く >>

 国際通貨基金(IMF)と世界銀行の運営委員会の会合で表明した。世界経済は上向いているものの「新型コロナによる不確実性が高く、永続的な傷痕が残るリスクがある」と強調。特に、多くの途上国は苦境に立っており、大幅な対策を講じなければ先進国との乖離が深刻化すると述べた。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長も関連イベントで、新型コロナの感染拡大に「国境はない」として、世界的に封じ込められなければ景気後退のリスクが残ると警告した。(共同)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×