記事詳細

トヨタ初の手放し運転 レクサスLS発売 自動運転レベル2の高度化狙う 

更新
産経新聞

自動運転のレベル2技術を搭載したトヨタ自動車の「レクサスLS」(左)と「ミライ」(同社提供) 1/2枚  トヨタ自動車は8日、自動運転技術を強化した新システム「アドバンスドドライブ」を高級ブランド「レクサス」の「LS」に採用し発売した。車載ソフトウエアを顧客が購入後にも遠隔で自動更新し、走行性能を改善する機能を国内メーカーで初めて備えた。レベル2の技術はホンダが市販車で実現したレベル3より下位とはいえ、高速道路での手放し運転が可能となるなど、運転者の負担を減らす効果は大きい。トヨタは運転者の安心を意識した機能にもこだわっており、レベル2の競争も活発化しそうだ。

<< 下に続く >>

 「レベル2とか3とかではなく、安心して使ってもらえるかということにこだわった」。トヨタの前田昌彦執行役員は8日のオンライン会見で、新システムについてこう説明した。

 新システムを搭載したレクサスLSは、トヨタ初の高速道路での手放しでの走行が可能な車種となり、アクセルやブレーキの操作をせずに車線変更や追い越しができる。5段階ある自動運転のうち、レベル2の「運転支援」に当たる。

 自動運転をめぐっては、日産自動車の「スカイライン」やSUBARU(スバル)の「レヴォーグ」がレベル2の技術を搭載済み。今年3月には、高速道路での渋滞時にシステムが車の操作を担い、ドライバーはナビ画面でテレビや動画を視聴できるレベル3技術を搭載したホンダの「レジェンド」も発売された。

 こうした状況のなかトヨタは「人に寄り添った運転支援」で、まずは高度なレベル2技術で成果を出す姿勢を示した。新システムでは全幅が広い大型車を追い越す際、右方向に寄って十分な間隔をあけて走行し、運転者の不安を解消。自動運転に過度に依存しないよう、わき見などをしていないかをカメラで監視し、危険性を検知すると、ブザーによる警告やシートベルトの振動などで注意を促す。

 ただ、先端技術を搭載した結果、LSの価格は1632万円からとなり、レベル3のレジェンド(1100万円)をも上回る。自社の新システムが受け入れられるかについて、前田氏は「一方的に判断できる話ではない。いろいろな反応をもらってフィードバックしていく」と述べた。(宇野貴文)

写真一覧

  • 国内自動車メーカーの自動運転技術の比較

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×