記事詳細

英ファンド東芝買収提案へ 2兆円規模、当局と調整 非公開化で迅速経営狙う

更新

東芝本社が入るビル=東京都港区 1/1枚  英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズなどが東芝の買収を提案することが7日、分かった。経営陣との条件交渉や日本政府との調整を進め、合意できればTOB(株式公開買い付け)に乗り出す。買収額は2兆円程度と、日本企業の合併・買収(M&A)として有数の規模になる見通しだ。大株主の投資ファンドと対立が続く東芝の株式を非公開化し、経営判断を速める狙いがある。原発などを展開する企業が外資の買収対象となるのは異例だ。

<< 下に続く >>

 6日終値の東芝の時価総額は1兆7437億円。TOBの買い付け価格は一定の上乗せをするのが通例で、全株を買収すると総額は2兆円を上回る公算が大きい。原子力事業を持つ東芝は2020年施行の改正外為法で重点審査の対象となっており、財務省が事前審査することになる。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×