記事詳細

NY株反落、96ドル安 利益確定売り優勢

更新

ニューヨーク証券取引所(AP) 1/1枚  6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比96・95ドル安の3万3430・24ドルで取引を終えた。前日に370ドル超上昇して過去最高値を更新したことを受け、利益確定売りが優勢となった。

<< 下に続く >>

 バイデン米政権が打ち出した巨額インフラ投資計画を巡り、景気過熱によるインフレを警戒した売りも出た。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、7・21ポイント安の1万3698・38。

 個別銘柄では、小売りのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスや医療保険のユナイテッドヘルス・グループの下げが目立った。ファストフードのマクドナルドは上げた。(共同)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×