記事詳細

クレディ5200億円損失 米投資会社関連で

更新

 スイス金融大手クレディ・スイスは6日、米ヘッジファンドとの取引に伴い44億スイス・フラン(約5200億円)の損失が生じると発表した。米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメント関連とみられる。2021年1~3月期決算で、税引き前損益が9億スイス・フランの赤字になる見通しという。

<< 下に続く >>

 アルケゴス関連とみられる取引をめぐっては、野村ホールディングスと三菱UFJ証券ホールディングスもそれぞれ20億ドル(約2200億円)規模と2億7000万ドル規模の損失を被る可能性があるとしていた。英紙フィナンシャル・タイムズなどはクレディの損失額を30億~40億ドル(約3300億~4400億円)と伝えていたが、公表した損失規模はこれらを上回った。

 クレディは事態の責任を取り、投資銀行部門のトップらが辞任すると発表。取締役会はアルケゴスとの取引に伴う問題に関する調査を開始したことを明らかにした。(共同)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×